1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 調査レポート
  4. 2017年度ロシア進出日系企業実態調査(2017年12月)

2017年度ロシア進出日系企業実態調査(2017年12月)

2017年12月29日

最終更新日:

ジェトロは2017年度ロシア進出日系企業実態調査を10月5日から11月9日にかけて実施し、92社から回答を得た(有効回答率86.8%、回答企業のうち製造業が20社、非製造業が72社)。

調査結果のポイントは以下のとおり。

【営業利益見通し】営業黒字見込みが続伸。過去最高の66.3%
ロシア経済の回復、市場回復が背景。赤字見込みの企業は17.4%と過去最低を記録。【資料8ページ】
営業利益の改善傾向は続く。要因は5年連続で「現地市場での売上増加」。特に製造業で改善が顕著。【資料9、10ページ】
2018年の営業利益改善見込は5割強(前年調査は約4割)。経済の先行きに明るさを見出すと同時に、W杯など大型イベントへの期待もみられる。【資料11ページ】
【今後の事業展開】事業拡大へ意欲高まる。現地従業員の採用拡大へ
非製造業で事業「拡大」が6割強に(前年比で12.3ポイント増)。販売市場の回復を裏付け。新ブランドを投入するとの回答もあり。【資料14ページ】
拡大の理由は引き続き、「売上の増加」と「成長性・潜在力の高さ」。製造業では生産・販売ネットワーク見直しも依然として高率。【資料15ページ】
非製造業を中心に、回復する市場への対応のため現地従業員を増加。【資料16ページ】
【経営上の問題点】回復する市場の中でライバル社との競合が課題に
景気回復から、昨年まで増加傾向だった「市場の低迷(消費低迷)」は大幅減。代わって「競合相手の台頭(コスト面で競合)」が最多。【資料18ページ】 特に地場系企業との競合が激化の傾向。【資料24ページ】
その他、回答比率は年々低下しているものの、製造業、非製造業ともに通関などの諸手続きを依然問題視。【資料19ページ】
製造業では技術者の採用難が大幅増。【資料20ページ】
【投資環境】輸入代替政策がロシアでの日系ビジネスに影響
ロシア政府が推進する輸入代替政策について、「影響がある」と回答した企業が、前回(2015年)調査時と比べ、約2倍(40.2%)。非製造業では国産品優遇による売上減少につながるケースもある。【資料24ページ】
輸入代替以外の「投資環境上のリスク」では、減少傾向ではあるが、「不安定な為替」、「行政・税務関連手続きの煩雑さ」を挙げる日系企業が依然多い。【資料22ページ】

レポートをご覧いただいた後、アンケート新しいウィンドウで開きます (所要時間:約1分)にご協力ください。

シリーズ名:ロシア進出日系企業実態調査

発行年月:2017年12月

作成部署:ジェトロ欧州ロシアCIS課

総ページ数:27ページ

関連情報

ご質問・お問い合わせ