米国・香港における日本産食品の競合実態調査(2016年3月)

2016年03月31日

最終更新日:

海外市場において、日本産食品(日本企業の製品)と特徴が似通った外国企業による商品が広く販売され、競合している。2014年度にジェトロが実施した「農林水産物・食品関連企業への輸出に関するアンケート調査」結果をみると、主な競合相手として、中国企業、韓国企業を挙げる事業者が多い。 本レポートでは、農林水産・食品の輸出先1、2位である香港と米国を主な対象として、日本国内の輸出企業や香港、米国(ロサンゼルス)における日本産食品輸入代理店、小売店計15社にインタビュー調査を実施し、競合事例、日本産食品の課題、日本産が優位に立つための方策等についてとりまとめた。日本の食品輸出事業者の一層の輸出促進の一助となれば幸いである。

※本調査は、農林水産省からの補助金で実施したものである。

レポートをご覧いただいた後、アンケート(所要時間:約1分)にご協力ください。

              

発行年月:2016年03月

作成部署:ジェトロ農林水産・食品課、ジェトロ・香港事務所、ジェトロ・ロサンゼルス事務所

総ページ数:27ページ

関連情報

ご質問・お問い合わせ