1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 調査レポート
  4. 米国におけるフィンテックに関する取り組みの現状(2016年2月)

米国におけるフィンテックに関する取り組みの現状(2016年2月)

2016年02月29日

最終更新日:

様々なIT化により発達してきた金融分野だが、革新的なアイデアを持ったベンチャー企業による新たな取り組みにより、金融システムそのものが変わろうとしている。これまでも、ITとインターネットの発達とともにATMやオンラインバンキングなど金融システムは利便性の高いサービスへと発展してきたが、近年では、モバイルペイメントやP2P融資(Peer to Peer Lending(個人間融資))1といった金融機関に代わるサービスを提供する企業が登場している。特に、暗号通貨であるビットコインの登場は新しい金融システムの可能性を見せ、そのテクノロジーについて大手金融機関が研究開発を進めるなど、大きな期待が寄せられている。

今号では、ITとイノベーションにより金融システムに変化をもたらすフィンテック(Fintech)について紹介する。

発行年月:
2016年02月
作成部署:
ジェトロ・ニューヨーク事務所
総ページ数:
19ページ

関連情報

ご質問・お問い合わせ