1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 調査レポート
  4. 米国オバマ政権におけるIT政策の総括と次期トランプ政権のIT政策の展望(2016年12月)

米国オバマ政権におけるIT政策の総括と次期トランプ政権のIT政策の展望(2016年12月)

2016年12月27日

最終更新日:

大統領選挙キャンペーンにおいてソーシャルメディアを積極的に活用し、大統領就任後も動画投稿サイトYouTubeを通じて毎週恒例の大統領演説を配信するなど、デジタルツールを通じて多数の情報発信を行ってきたオバマ大統領は、歴代の大統領の中でも、特にテクノロジーに精通した大統領の一人として認知されている。オバマ大統領も自身を「科学オタク(science geek)」と称し、様々な技術関連イベントの場で新たなデジタル機器やテクノロジーに興味を示す大統領の様子は、これまで多くのメディアで取り上げられてきた。
オバマ大統領は、テクノロジーを人々の生活を向上させるための原動力とみなし、2008年の金融危機を受けた未曾有の経済不況時においても、技術研究開発への投資を積極的に行ってきたほか、新たなITイニシアチブと様々なIT政策を積極的に推進してきた。本号では、間もなく任期終了を迎えるオバマ大統領によるIT政策を総括し、主要政策とその功績・評価を中心に紹介すると共に、トランプ次期政権におけるIT政策を展望する。

発行年月:2016年12月

作成部署:ジェトロ・ニューヨーク事務所

総ページ数:34ページ

関連情報

ご質問・お問い合わせ