2016年の経済見通し(世界55カ国・地域)(2016年4月)

2016年04月18日

最終更新日:

世界55カ国・地域の2016年の経済見通しを、各国・地域の政府、公的機関、民間のシンクタンク等が発表したデータを基にとりまとめた。

2016年の世界経済は、中東・アフリカ、中南米、アジアの一部の国で資源価格低迷の影響を受ける一方、地域を問わず、民間消費が堅調な国では内需主導の景気回復が見込まれている。

米国は勢いに欠けるものの拡大傾向が続く予想だが、中国は新常態にある中で成長が鈍化する見通しである。欧州は中国をはじめとする新興国の経済減速の影響、移民問題等の懸念材料はあるものの、内需が主導する緩やかな回復が見込まれている。

本レポートは2016年1月にジェトロ日刊紙「通商弘報」に記事掲載されたもので、内容は執筆時点(2015年11~12月)のデータに基づくものである。


レポートをご覧いただいた後、アンケート(所要時間:約1分)にご協力ください。


発行年月:2016年04月

作成部署:ジェトロ海外調査計画課

総ページ数:117ページ

PDFファイルのダウンロード:

関連情報

ご質問・お問い合わせ