「EU米国の包括的貿易投資協定(TTIP)」に関わる交渉進捗状況と交渉を取り巻く課題(2016年12月)

2016年12月07日

最終更新日:

EUと米国は、包括的貿易投資協定(TTIP:Transatlantic Trade and Investment Partnership)妥結に向けて、2016年に第12~15回の計4回の交渉ラウンドを実施した(2016年11月現在)。本レポートは、主にEUが公表した資料に基づき、これらの交渉ラウンドの主な動きをまとめるとともに、2016年7月に欧州委が公表した産業分野別の付属書案を含むEU側の提案の概要と、一部産業については産業界の反応を併せて紹介する。また、一部市民の自由貿易に対する不信感に端を発するTTIP懐疑論や、英国のEU離脱など、TTIP交渉を取り巻く課題についても、公開情報に基づいて取りまとめた。

レポートをご覧いただいた後、アンケート(所要時間:約1分)にご協力ください。

発行年月:2016年12月

作成部署:ジェトロ欧州ロシアCIS課、ジェトロ・ブリュッセル事務所

総ページ数:24ページ

関連情報

ご質問・お問い合わせ