「産業立地はどう変わるか」電気・電子産業編(2016年8月)

2016年08月31日

最終更新日:

アジアの電気・電子産業は、巨大な国内市場を擁しサプライチェーンが集積し、巨象のように中国の存在感が際立っているが、様変わりしつつある。「チャイナ プラスワン」としてベトナムやフィリピンが台頭、中国の競争相手としてタイの潜在力は高い。マレーシアやインドネシア、シンガポールといったASEAN諸国もそれぞれの持ち味を生かした企業誘致・産業育成政策に熱心だ。成長著しいインドには欧米の企業投資が集中している。アジアの産業立地の今を報告する。全10回。


レポートをご覧いただいた後、アンケート(所要時間:約1分)にご協力ください。

シリーズ名:特集アジア

発行年月:2016年08月

作成部署:ジェトロ・アジア大洋州課

総ページ数:29ページ

関連情報

ご質問・お問い合わせ