【インドネシア】SEZ 開発で地方に企業誘致(2016年8月)

2016年08月16日

最終更新日:

政府は税制面で優遇される経済特区(SEZ)の整備に努め、投資環境改善に取り組む。ジャカルタなど首都圏以外の地方での工業発展を目指すためだ。入居企業は業種を問わず外資100%での出資が可能となるなど、税制以外の分野で改革がなされた。2015年に稼働を始めたSEZ 2カ所への日本企業の進出事例はまだない。
(本レポートは、「ジェトロセンサー」2016年9月号エリアリポートにも掲載)→「ジェトロセンサー2016年9月号」の詳細はこちら

レポートをご覧いただいた後、アンケート(所要時間:約1分)にご協力ください。

発行年月:2016年08月

作成部署:ジェトロ・アジア大洋州課

総ページ数:2ページ

PDFファイルのダウンロード:

関連情報

ご質問・お問い合わせ