1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 調査レポート
  4. 食品安全強化法本格施行に向けた対応(2015年1月)

食品安全強化法本格施行に向けた対応(2015年1月)

最終更新日: 2015年01月08日

米国では、食品安全強化法(FSMA)の本格施行に向けて規則案の策定が進んでいる。食品医薬品局(FDA)は既存の規則に基づいて、米国の消費用に供する食品が同法の要件を満たしているかどうかを判定するべく、国内外の食品関連施設の検査を実施している。FSMA成立以降、日本では食品施設に対するFDA検査が増加するなど、米国への食品輸出に関わる日本企業にさまざまな影響が生じている。

本調査は、2014年11月にジェトロの通商弘報に掲載された原稿を取りまとめたものである。
最新のFSMA実施規則案などの動きを踏まえ、進出日系企業の対応状況や体制整備にあたっての課題などについて取りまとめた。



発行年月:2015年1月

作成部署:ジェトロ農林水産・食品調査課、ジェトロ・シカゴ事務所、ジェトロ・ニューヨーク事務所、ジェトロ・トロント事務所、ジェトロ・ロサンゼルス事務所、ジェトロ・ヒューストン事務所、ジェトロ・サンフランシスコ事務所、ジェトロ北米課

総ページ数:23ページ

PDFファイルのダウンロード:

記事番号:07001913

関連情報

ご質問・お問い合わせ