1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 調査レポート
  4. 2013年度 クアラルンプールへの柿輸出FS調査

2013年度 クアラルンプールへの柿輸出FS調査

最終更新日: 2014年03月31日

マレーシアは成長著しいASEAN諸国のうちでも比較的高所得を誇る国である。中でもクアラルンプールは家計所得が年間15%近くで成長している、国内で最も裕福な州であり、中華系を中心に約125万人の高級日本産果物の潜在的顧客層が存在する有望市場である。
このため、今後有望な柿輸出先と考えられるクアラルンプールでF/S調査を実施し、現地の果物輸入状況、日本産柿の輸出の現状と課題を通じて、市場可能性を探った。

発行年月:2014年3月

作成部署:ジェトロ大阪本部事業推進課

総ページ数:19ページ

記事番号:07001833

関連情報

ご質問・お問い合わせ