1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 調査レポート
  4. フランスへの日本酒の輸出ガイドブック(2014年3月)

フランスへの日本酒の輸出ガイドブック(2014年3月)

最終更新日: 2014年03月31日

フランスへの日本酒輸出量は過去10年横ばいではあるが、輸出額は徐々に増加し、その単価は2005年のリットル当たり500円から、2013年には同900円まで上昇している。このことから、輸出商品が中・高価格帯へとシフトしつつあることがわかる。

他方、日本酒の世界最大の輸出先である米国と比較した場合、人口当たりの輸出量を比較すると、米国が12.7mlであるのに対し、フランスは1.6mlとなっており、約8倍の開きがあることから、潜在的な輸出余地は多くあると考えられる。

このような状況に鑑み、フランスへの日本酒等の酒類を輸出するに当たっての基礎的な市場情報を整理し、解説した。

発行年月:2014年3月

作成部署:ジェトロ・パリ事務所

総ページ数:31ページ

PDFファイルのダウンロード:

記事番号:07001684

関連情報

ご質問・お問い合わせ