1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 調査レポート
  4. 【ウクライナ】穀物供給国ロシアと比べれば(2014年2月)

【ウクライナ】穀物供給国ロシアと比べれば(2014年2月)

最終更新日: 2014年03月07日

近年、トウモロコシの生産量が伸びているウクライナ。一方、隣国ロシアは小麦・大麦の輸出国としての地位を固める。伝統的な穀物生産地である両国ともアジア市場を有望視するが、輸送インフラの問題や輸送コスト高など、それぞれが抱える課題は多い。穀物供給国としての両国を種々の角度から比較した。(本レポートは、「ジェトロセンサー」2014年3月号エリアリポートにも掲載)→ 「ジェトロセンサー2014年3月号」の詳細はこちら

発行年月:2014年2月

作成部署:ジェトロ欧州ロシアCIS課

総ページ数:2ページ

記事番号:07001578

関連情報

ご質問・お問い合わせ