1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 調査レポート
  4. 米国市場調査レポート‐米国大手チェーン店(日用品)市場開拓に向けて‐(2013年3月)

米国市場調査レポート‐米国大手チェーン店(日用品)市場開拓に向けて‐(2013年3月)

最終更新日: 2013年03月31日

米国市場においてホーム(日用品)製品のマーケットでは日本製商品を見かける頻度は高くなってきた。以前から専門店やミュージアム・ストアなどで扱われてきたが、近年は大手チェーン店、デパートなどでも販売されている。米国市場の魅力は「大手小売り企業との取引」である。専門店はトレンド性の強い製品を好む傾向があり、狭い範囲の消費者を対象とする一方で、大手チェーン店の対象は広い。そのため、短期的な商品構成ではなく、長期販売計画に基づいた商品構成を行っている。
米国には、日本企業が対象に出来る大手チェーン店は50社程あり、それぞれのチェーン店舗は500-1000を数える。中には、1000-5000店を展開するメガ・ストアもある。米国の大手チェーン店を理解し、彼らと取引するには何を準備し、どのような営業方法で接点を持ち、流通はどの様にして行くべきかをこのレポートの中で解説していきたい。本レポートが日本の中小企業の米国市場進出、特に最終目標たる大手チェーン店への販売の一助になれば幸いである。

発行年月:2013年3月

作成部署:ジェトロ・ニューヨーク事務所、ジェトロ生活文化産業企画課

総ページ数:709ページ

記事番号:07001419

関連情報

ご質問・お問い合わせ