1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 調査レポート
  4. マレーシア 流通取引・サービスへの外国資本参入に関するガイドライン(2010年7月)

マレーシア 流通取引・サービスへの外国資本参入に関するガイドライン(2010年7月)

最終更新日: 2010年07月27日

マレーシア 流通取引・サービスへの外国資本参入に関するガイドライン

本レポートは、2010年5月12日 (水) 、国内取引・協同組合・消費者省(Ministry of Domestic Trade Co-operatives and Consumerism: MDTCC)が、同省ウェブサイトを通じ発表した流通・サービス分野への外国資本参入に関するガイドラインに関する概要解説及び原文の翻訳を掲載したものである。この新流通ガイドラインは、2004年12月1日発行の「マレーシア流通取引・サービスへの外国資本参入に関するガイドライン2004年」(旧流通ガイドライン)の改訂版となる。

目次:

 ◇ガイドラインの要旨 (主な改正点)
 
 ◇同ガイドライン 日本語訳 
  序論
  目的
  定義
  行政上の要件
  ハイパーマーケット
  デパート
  スーパーストア
  専門店
  その他の様々な販売形態
  フランチャイザーとフランチャイジー
  本ガイドラインの不遵守
  流通取引委員会
  申請の書類及び手続き
  用語解説
 
 ◇同ガイドライン 原文(英語) 
 
 ◇申請書類フォーム(WRT1) (英語)

発行年月:2010年7月
作成部署:クアラルンプール・センター
総ページ数:62ページ

記事番号:07000323

関連情報

ご質問・お問い合わせ