1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 貿易・投資相談Q&A
  4. Australian Standards(AS規格):オーストラリア

Australian Standards(AS規格):オーストラリア

オーストラリアのAS規格について教えてください。

I. AS規格の概要
AS規格(Australian Standards)は、オーストラリア規格協会(Standards Australia)が管理している工業・サービス規格です。オーストラリア規格協会とニュージーランド規格協会が共同で運営するAS/NZS規格もあります。

AS規格はオーストラリアの社会的・経済的利益(Net Benefit)に鑑み、ISO規格やIEC規格などの国際規格をもとに、Standards Australia が規格化したもので、本来、法的拘束力はありませんが、政府がAS規格を法的枠組みに取り入れていることがあります。また、Standards AustraliaはStandards Development Organisations(SDOs)による認証活動を支援しています。新たな規格や規格改定も定期的に討議されており、10年以上経過している規格は順次見直されます。特に一連の消費者保護法にAS規格を義務的規格として採用することが多いため、Australian Competition and Consumer Commission(ACCC)からの情報収集が重要です。

AS規格はそれぞれ番号によって区別されます。一連の番号は、「AS(固有番号)−(発行年)・(パート・ナンバー)・(メソッド・ナンバー)・(サブパート・ナンバー)」で構成されます。多くは「AS(固有番号)−(発行年)」のみです。また、国際規格に準拠している場合は、当該規格の略号を含みます。
例:
「AS/NZS 8124. 1: 2013, Safety of Toys - Safety aspects related to mechanical and physical properties」は「2013年発行のAS/NZS規格8124号第一章、玩具の安全性−構造的物理的特有性に関する安全上の問題点」など

II. AS規格の取得
オーストラリア規格協会ウェブサイトでは、以下の12セクター別に規格を検索できます。各規格の詳細は、SAIグローバル社から購入する必要があります。

  • 農業・林業・漁業および食品
  • 鉱業
  • 製造業・加工業
  • 建設業
  • 電気・エネルギー
  • 水および廃棄物サービス
  • 運送・輸送業
  • 保健・コミュニティーサービス
  • 日用品、サービスおよび安全
  • 教育・トレーニングサービス
  • コミュニケーション・情報技術・E-コマースサービス
  • 公共の安全・管理運営(ビジネスマネジメント)

日本からの輸出品がAS規格の規制対象である場合、または品質証明としてAS規格を利用する場合、適用される可能性があるAS規格番号を特定します。Standards Australiaは、適用されるAS規格を各業界団体に問い合わせることを推奨しています。
次に、商品試験が必要な場合は、National Association of Testing Authorities, Australia(NATA)認定の試験機関に商品試験を依頼します。その後、規格認証を行うJoint Accreditation System of Australia and New Zealand(JAS-ANZ)加盟機関による商品試験内容の審査を受け、認証されます。 各認証機関から独自の「認証マーク」を得られますが、これらは法的に統一されたものではありません。認証が強制である場合には、各法令によって義務表示ラベル・義務表示情報が定められています。

参考資料・情報
Standards Australia:
Standards Development
AS規格の検索(12セクター別の検索)
AS規格の検索(ナンバーでの検索)

National Association of Testing Authorities, Australia(NATA):
A Guide to Using NATA Accreditation in Legislation, Regulation and Specification
認定機関の検索

Joint Accreditation System of Australia and New Zealand(JAS-ANZ):
加盟機関の検索

調査時点:2016/10

記事番号: G-131001

ご質問・お問い合わせ

記載内容に関するお問い合わせ

貿易投資相談Q&Aの記載内容に関するお問い合わせは、オンラインまたはお電話でご相談を受け付けています。こちらのページをご覧ください。