EPE(輸出加工企業)の優遇措置と通関手続き:ベトナム

輸出加工企業(EPE)に対する優遇措置について教えてください。

I. 輸出加工企業
輸出加工企業(Export Processing Enterprises:EPE)とは、「輸出加工区内で設立され、操業している企業」または「工業団地内または経済区内で操業し、製品すべてを輸出する企業」を指します(Decree No.29/2008/ND-CP、2008年3月14日付)。


II. 法人税
現在、EPEという条件での法人税の優遇措置はありません。
ベトナムは従来、EPEに対して法人税の優遇(10%、15年間)をはじめ、関税やVAT(付加価値税)の免除といった優遇措置を与えてきました。しかし2007年のWTO加盟に伴い、国内外資本の格差をなくす目的で、2012年1月1日以降、EPEの法人税の優遇措置は撤廃されました(Decree No.122/2011/ND-CP、2011年12月27日付)。
現在、法人税は22%(ハイテク分野や僻地への投資など一部を除く)で、2016年1月1日以降、20%に設定されます。
なお、前年度の総売上高が200億ドン未満の場合、2014年1月1日以降、税率20%が適用されます(Decree 218/2013/ND-CP、2013年12月26日付)。

III. 輸出入関税および付加価値税(VAT)
EPEは税法上、外国企業とみなされるため、EPE施設とベトナム領土内との物品の輸出入もは通関手続きが必要です。
また、保税工場の扱いを受けるため、EPEが次に該当する物品を輸出入する場合で、保税工場の扱いを受けられれば、輸出入関税およびVATが免除されます(Decree No. 87/2010/ND-CP、2010年8月13日付)。


1. 輸出関税の免税対象

  1. EPE、輸出加工区および保税倉庫から輸出された物品
  2. ベトナム領土内の別のEPEまたは輸出加工区および保税倉庫に対して販売した物品

2. 輸入関税およびVATの免税対象

  1. EPEでの使用、あるいは輸出向け製品の生産のために輸入された物品
  2. 製品加工を目的にベトナム国内の企業から購入した供給物資、原材料、仕掛品
  3. EPE、輸出加工区、保税倉庫に輸入された物品
  4. ベトナム領土内の別のEPEまたは輸出加工区・保税倉庫から購入した物品
  5. EPEが国内企業からサービス、建設、取り付け工事を受ける際のVAT


IV. その他のメリット
1. スムーズな通関
国外からEPE向けに輸入される商品、またEPEから国外へ輸出される商品は、違反の兆候がある場合を除き、実体検査を免除され、通常税関報告手続き終了後、即刻通関されます。
なお、EPEが次に該当する取引を行う場合、通関手続きが不要です。

  1. 同輸出加工区内で、EPE間での売買取引
  2. 同輸出加工区でないEPEとの売買取引で、当該取引先がグループ会社である場合、通関手続きの有無が選択できます。


2. 275日ルール(繰り延べ)の制限なし
EPEには、輸出品の生産に使用する輸入原料の使用期限、国外への製品輸出期限がありません。EPE以外の企業には、輸出品生産のための原料輸入時、申告登録日から275 日以内に完成した製品を国外へ輸出しない場合は、輸入税の納税義務があります(275日ルール、繰り延べ)(Circular 128/2013/TT-BTC、2013年9月10日付)。


3. VAT申告の簡素化
EPEは毎月VAT 申告を行う必要がありません。

関係法令
2008年3月14日付 Decree No.29/2008/ND-CP
2010年8月13日付 Decree No.87/2010/ND-CP
2011年12月27日付 Decree No.122/2011/ND-CP
2013年9月10日付 Circular 128/2013/TT-BTC
2013年12月26日付 Decree 218/2013/ND-CP(ベトナム語のみ)


調査時点:2015/01

記事番号: A-130201

関連情報

ご質問・お問い合わせ

記載内容に関するお問い合わせ

貿易投資相談Q&Aの記載内容に関するお問い合わせは、オンラインまたはお電話でご相談を受け付けています。こちらのページをご覧ください。