1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 貿易・投資相談Q&A
  4. コンテナのデマレージとディテンション・チャージとの違い:日本

コンテナのデマレージとディテンション・チャージとの違い:日本

質問

輸入貨物のコンテナのフリータイム(FREE TIME)、デマレージ(DEMURRAGE)とディテンション(DETENTION)とその違いを教えてください。

回答

以下、フリータイム(無料保管期間、無料貸出期間)、デマレージ(超過保管料)、ディテンション(返却延滞料)について説明します。

I. フリータイムとは

フリータイムは本船から陸揚げされたコンテナヤード(Container Yard: CY)からの搬出が猶予される一定の「無料保管期間」、または、CYからコンテナを引き取り、コンテナ保管場(Van Pool)へコンテナが返却されるまでの「無料貸出期間」のことです。この期間は、利用する航路や船会社等で異なります。また、リーファーコンテナ、フラットラック、オープントップコンテナ等の特殊コンテナは、一般的に通常のドライコンテナよりフリータイムは短めに設定されています。通常、フリータイムの計算には、デマレージは土曜日、日曜日、祝祭日、ディテンションは日曜日、祝祭日を計算に加えません。

II. デマレージとは

「超過保管料」のことで、陸揚げされたコンテナがフリータイムを過ぎても貨物を引き取りに来ずCYに引き続き留置された場合に課せられます。一般的には、コンテナのCYからの引き取りを促進する意味から、コンテナを滞留させる期間が長くなるにつれ、一日当たりの料金は累進的に高くなるように設定されます。通常、デマレージの計算には土曜日、日曜日、祝祭日を計算に入れます。

III. ディテンションとは

「返却延滞料」のことで、CYから納入先にコンテナを運搬し、コンテナ保管場(Van Pool)に返却されるまでの日数がフリータイムを超過した場合に課せられます。デマレージ同様に、一般的には、空コンテナの回収を促進する目的から、超過する期間が長くなるにつれ、一日あたりの料金は累進的に高くなります。通常、ディテンションの計算は土曜日、日曜日、祝祭日を計算に入れます。

IV. フリータイム、デマレージ、ディテンションの計算ルール

フリータイムの日数、デマレージ、ディテンションの計算ルールと額は利用する船会社ごとに異なります。コンテナで貨物を輸出入される場合で、通関や荷役に時間を要すると思われる場合には、海上運賃の多寡のみならず、フリータイムの長短、デマレージ・ディテンションの額にも留意し、必要に応じて船会社に確認を取ってください。多くの船会社はこれらの情報をウェブサイトで公表しています。

以下に、輸入のフリータイムとデマレージの一例を示します。(これはあくまで事例であり、実際のフリータイムとデマレージ、ディテンションとは異なりますのでご注意ください。)

1. デマレージとフリータイム
項目 ドライコンテナ 特殊コンテナ(リーファー等)
20’フィート 40’フィート 20’フィート 40’フィート
フリータイム(無料保管期間) 6日 6日 3日 3日
デマレージ
(超過保管料)
1-4日 \3,000 \5,000 \9,000 \13,500
5-9日 \6,000 \10,000 \18,000 \27,000
10日以降 \12,000 \20,000 \36,000 \54,000

フリータイムの計算の起点は荷揚港の一括搬入日の翌日(0時00分)
フリータイムの計算には土日祝日を含まず
デマレージの計算には土日祝日を含む

2. ディテンションとフリータイム
項目 ドライコンテナ 特殊コンテナ(リーファー等)
20’フィート 40’フィート 20’フィート 40’フィート
フリータイム(無料保管期間) 5日 5日 5日 5日
ディテンション
(返却延滞料)
1-5日 \800 \1,250 \3,500 \5,000
6日以降 \1,600 \2,500 \7,000 \10,000

フリータイムの計算の起点はCYからの引取日の翌日
フリータイムの計算には日祝日を含まず(土曜日を含む)
ディテンションの計算には土日祝日を含む

調査時点:2017年1月
最終更新:2020年1月

記事番号: A-010920

ご質問・お問い合わせ

記載内容に関するお問い合わせ

貿易投資相談Q&Aの記載内容に関するお問い合わせは、オンラインまたはお電話でご相談を受け付けています。こちらのページをご覧ください。