1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 貿易・投資相談Q&A
  4. 中東向け輸出の際のイスラエル不寄港証明書等の概要と取得方法

中東向け輸出の際のイスラエル不寄港証明書等の概要と取得方法

質問

中東向け輸出インボイスに査証を受けるにあたって、「イスラエル不寄港証明書」と「保険会社非イスラエル証明書」が必要と言われました。これらの書類の概要と取得方法について教えてください。

回答

「イスラエル不寄港証明書」とは輸出貨物を輸送する船舶ないし航空機がイスラエルに寄港しないことを証明する書類で、船会社や航空会社等に依頼して取得します。「保険会社非イスラエル証明書」とは輸出貨物に付保した保険会社が、仕向国のブラックリストに載っていないことを証明する書類で、当該保険会社に依頼して取得します。

中東諸国の中には、インボイスに以下の宣言の記載が必要となる場合があります。

  1. イスラエル産の原料を使用していないこと
  2. イスラエルに寄港していないこと

さらに、領事査証発行機関(大使館など)、輸入者およびL/C発行機関などから、インボイスとは別に、「イスラエル不寄港証明書」および「保険会社非イスラエル証明書」を要求されるケースもあります。

I. イスラエル不寄港証明書

イスラエル不寄港証明書とは輸出貨物を輸送する船舶ないし航空機がイスラエルに寄港しないことを証明する書類です。
本証明書は、船会社または航空会社(代理店でも可能)に依頼し、取得します。

依頼する際は以下の点にご留意ください。

  1. 当該船会社あるいは航空会社のレターヘッドを使用して作成すること。
  2. 当該船会社あるいは航空会社が仕向国のブラックリストに載っていない旨を記載すること。
  3. 船舶または航空機がイスラエルに寄港しない旨を記載すること。
  4. 代理店が作成した証明書の場合には、署名部分に“on behalf of”または“as agent for”として、船会社名もしくは航空会社名などを記載すること。

II. 保険会社非イスラエル証明書

保険会社非イスラエル証明書とは、輸出貨物に付保した保険会社が、仕向国のブラックリストに載っていないことを証明する書類です。 本証明書は、当該保険会社に依頼して、取得します。
ただし、この証明書はインコタームズでCIFやCIPなど、輸出者が保険を付保する場合にのみ必要となります。

調査時点:2015年8月
最終更新:2018年10月

記事番号: A-010811

ご質問・お問い合わせ

記載内容に関するお問い合わせ

貿易投資相談Q&Aの記載内容に関するお問い合わせは、オンラインまたはお電話でご相談を受け付けています。こちらのページをご覧ください。