1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 北米
  4. 米国
  5. 米国輸出管理改革法(ECRA)に関する情報

米国輸出管理改革法(ECRA)に関する情報

米国の輸出管理改革法(ECRA)が2018年8月13日、2019会計年度の国防授権法に盛り込まれるかたちで成立しました。既存の輸出規制でカバーしきれない「新興・基盤技術(emerging and foundational technologies)」のうち、米国の安全保障にとって必要な技術を輸出規制対象とすることなどを定めています。明確な「新興・基盤的技術」の定義は未だ固まっていませんが、今年度中を目途に細則が固まる前に、法律の内容や概要について理解し、準備を進めることが望まれます。

米国で開発された技術の米国外への持ち出しが規制されることから、日本企業の関心も高い本改革法について、ジェトロは2019年1月30日に「米国輸出管理改革法セミナー」を開催しました。本ページでは、その講演動画をご覧いただけます。

「米国輸出管理改革法セミナー」動画

「米国輸出管理法および規制の進展について」

長年、米国の輸出規制に携わってきた元米国商務省次官補(産業安全保障担当)のケビン・ウルフ氏が、ECRAの概要説明に加え、同法への対応について日系企業へアドバイスを行う。

講演:
"Developments in U.S. Export Control Law and Regulations"
講師:
前・米国商務省次官補(産業安全保障担当)
Akin Gump Strauss Hauer & Feld LLP Partner ケヴィン・ウルフ 氏
  1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 北米
  4. 米国
  5. 米国輸出管理改革法(ECRA)に関する情報

マイリスト マイリストを開く 追加

閉じる

マイリスト
マイリスト機能を使ってみませんか?
ジェトロ・ウェブサイトのお好きなページをブックマークできる機能です。
ブックマークするにはお好きなページで追加ボタンを押してください。