1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. アジア
  4. ミャンマー
  5. 知的財産に関する情報
  6. 「ミャンマー知的財産セミナー」開催報告

「ミャンマー知的財産セミナー」開催報告

近年、経済的にもますます注目を集めるミャンマーでは、知的財産制度の構築が急がれています。
日本政府としても「知的財産政策に関する基本方針」の中で、アジアを始めとする新興国の知財システム構築の積極的支援を掲げており、今後、両国の関係は知的財産分野において大きな可能性を秘めています。
本セミナーでは、ミャンマーの知的財産制度をめぐる各界からの最新報告を受けて、今後の制度整備や日本の関与 のあり方について探りました。

内容

アセアンとの協力、特にミャンマーに向けた我が国の取り組み
中尾 泰久氏 特許庁総務部長)
ミャンマーと日本との相互連携について、日本国特許庁の取り組みを中心に紹介がなされた。
ミャンマー政府の知財制度整備に向けた取り組み
Moe Moe Thwe氏 ミャンマー科学技術省知的財産課首席
ミャンマーにおける知財制度について、関連法や事例、またWIPOやJPOといった関連各機関との連携等から説明された。
講演資料PDFファイル(4.6MB)
ミャンマーの経済と知財の概況
大熊 靖夫  ジェトロ・バンコク事務所
ミャンマーにおける知財保護方法や模倣品状況、また経済活動上のメリット・デメリットにつき、広く説明された。
ミャンマーにおける知財権利行使の現状
Fabrice Mattei氏 タイ弁護士・Rouse法律事務所タイ事務所責任者兼ミャンマー事務所責任者
ミャンマーでの商標登録や警告通知の方法、また新法制定の現状やケーススタディについて詳細に説明された。
講演資料PDFファイル(2.5MB)
ミャンマーにおける知財制度への期待
菊地 康久氏 サッポロビール株式会社生産技術本部副本部長
発展途上のミャンマーでの知財法整備について、日本知的財産協会(JIPA)会員企業の視点から、今後の期待や予測等が紹介された。
パネルディスカッション
コーディネーター:弁護士知財ネット 林 いづみ 氏
ミャンマーにおける知財に深く携わっているパネリストより、ミャンマー知的財産保護のあり方や今後について議論された。

概要

日時
2014年2月28日(金曜)13:15~17:00

会場
弁護士会館 2階講堂 クレオA(東京千代田区)

次第

13:15~13:20
開会挨拶(田村 裕 日本弁護士連合会副会長)
13:20~13:40
「アセアンとの協力、特にミャンマーに向けた我が国の取り組み」
中尾 泰久 特許庁総務部長
13:40~14:30
「ミャンマー政府の知財制度整備に向けた取り組み」(英語)
Moe Moe Thwe(モー・モー・トエ) ミャンマー科学技術省知的財産課首席
14:30~14:50
「ミャンマーの経済と知財の概況」
大熊 靖夫 ジェトロ・バンコク事務所知的財産部長
14:50~15:05
休憩
15:05~15:35
「ミャンマーにおける知財権利行使の現状」(英語)
Fabrice Mattei(ファブリス・マッティ) タイ弁護士・Rouse法律事務所タイ事務所責任者兼ミャンマー事務所責任者
15:35~15:55
「ミャンマーにおける知財制度への期待」
菊地 康久 サッポロビール株式会社生産技術本部副本部長
15:55~16:55
パネルディスカッション<パネリスト>
 全講演者
 行方 國雄 弁護士・特許庁ミャンマー知的財産制度整備支援チーム委員
<コーディネーター>
 林 いづみ 日弁連知的財産センター委員長
16:55~17:00
閉会挨拶(末吉 亙 弁護士知財ネット専務理事)