知的財産ニュース BLACKPINK WORLD TOURの現場で模倣品を取り締まる予定

2023年9月15日
出所: 韓国特許庁

事前にオンラインで情報収集した結果、BLACKPINK模倣品を多数発見、販売阻止へ

韓国特許庁の商標特別司法警察(以下「商標警察」)は、韓国中小・中堅企業のブランドを保護するため、9月16日(土曜日)と17日(日曜日)に、K-カルチャーをリードしているアイドルグループBLACKPINKのワールドツアー(※)の現場で、ファン向け商品に関する模倣品取締りおよび啓蒙活動を実施すると発表した。
※BLACKPINK WORLD TOUR [BORN PINK] FINALE IN SEOUL

特許庁は、今回の取締りを通じて韓国企業がブランド価値を高めることに積極的に協力し、会場を訪れた観客に対して知的財産を尊重する文化を広報・啓蒙する機会として活用する計画である。

商標警察は、公演当日に多くの観客が移動すると予想される地下鉄駅と会場の出入口周りを中心に巡察しながら取締り活動を行う予定である。

また、先月からオンライン上で販売されているBLACKPINK関連模倣品の販売を事前に阻止するため、先立ってモニタリングを強化した結果、数多くのBLACKPINK関連模倣品が流通されていることが確認された。それにより、オンラインプラットフォーム企業との協力を得て、模倣品販売者の投稿またはアカウントを削除するなどの措置を講じている。

商標警察は、モニタリングで収集した情報に基づいて、大規模かつ頻繁に販売している者に対して企画捜査を推進し、これからも韓国の主要芸能事務所と協力してオンラインプラットフォームに対するK-カルチャー関連模倣品の取締りを行う予定である。

特許庁の商標特別司法警察課長は、「K-カルチャーの世界的地位が高まるにつれ、これに便乗して不当な利益を取得しようとするK-カルチャー関連模倣品が多く流通されている」とし、「今度の取締りを機に、正規品を尊重する文化が定着することを願う一方、特許庁は、K-カルチャー関連の商標権侵害行為に関する監視と取締りを続けていく」と述べた。

ジェトロ・ソウル事務所知的財産チーム

ジェトロ・ソウル事務所 知的財産チームは、韓国の知的財産に関する各種研究、情報の収集・分析・提供、関係者に対する助言や相談、広報啓発活動、取り締まりの支援などを行っています。各種問い合わせ、相談、訪問をご希望の方はご連絡ください。
担当者:大塚、柳(ユ)、李(イ)、朴(パク)
E-mail:kos-jetroipr@jetro.go.jp
Tel :+82-2-3210-0195