知的財産ニュース 韓国、初めてGIIランキングの10位圏内に

2020年9月3日
出所: 韓国特許庁

世界知的所有権機関の発表、アジアで韓国・シンガポールのみ10位圏内

グローバル・イノベーションのベストプラクティスとして韓国の知的財産(IP)金融政策を紹介

韓国特許庁は、知的財産権分野における国連傘下の国際機構である世界知的所有権機関(WIPO、World Intellectual Property Organization)が、9月2日の午後6時(韓国時間)に発表したグローバル・イノベーション・インデックス(GII、Global Innovation Index)で、韓国が初めて10位圏内に入ったと発表した。

2020年は2019年に続いてスイスが1位を占め、スウェーデン、米国、英国、オランダなどがその後を追っており、アジアではシンガポールが8位、中国と日本がそれぞれ14位、16位を占めた。

※主要ランキング:スイス(1)、スウェーデン(2)、米国(3)、英国(4)、オランダ(5)、デンマーク(6)、フィンランド(7)、シンガポール(8)、ドイツ(9)、韓国(10)、中国(14)、日本(16)

グローバル・イノベーション・インデックスはWIPO、インシアード(INSEAD)などが世界中のWIPO加盟国を対象に、経済発展の重要な要素であるイノベーション能力を測定し、それぞれの国に公共政策や経営戦略策定などに必要な情報を提供するために2007年に導入したもので、2020年には7つの分野(※)、80項目の詳細指標に基づいて131ヵ国を対象に評価を行った。

※ イノベーションインプット(5):制度、人的資本および研究、インフラストラクチャ、市場の洗練度、ビジネスの洗練度
イノベーションアウトプット(2)::知識と技術の生産、創造的な生産

韓国がグローバル・イノベーション・インデックスの10位になったのは、これまでの持続的なイノベーションに対する努力(Innovation Efforts)を通じて、新しい知識と技術を開発できる能力が向上された点で高い評価を受けたためであると解釈される。

※韓国のランキング:(2012)21位→(2014)16位→(2016)11位→(2018)12位→(2019)11位→(2020)10位

[主要分野別のランキング]

・イノベーションインプット分類において、韓国は2019年に続いて10位を維持したが、イノベーション活動の成果に該当するアウトプット部門で、2019年の13位から10位に上がり、上位10位圏に入ることができたと解釈される。

- イノベーションインプットの詳細指標のうち、「人的資本および研究」部門は、2019年に続いて世界1位を記録し、企業のイノベーション活動度(※)を評価する「ビジネスの洗練度」部門は、2019年10位から2020年7位に上がった。
※GDP比2ヵ国以上に出願された特許出願1位など

- イノベーションアウトプットでは、特許出願・科学技術の論文掲載件数などを評価する「知識と技術の生産」部門(※)が2019年13位から2020年11位に、無形資産・文化産業の発展程度などを評価する「創造的な生産」の部門(※※)が、2019年17位から2020年14位に上がるなど、大幅にランキングが上がった
※GDP比特許出願1位、GDP比PCT出願2位
※※GDP比デザイン出願1位、グローバルブランド価値8位

一方WIPOは、グローバル・イノベーション・インデックスとともにIP金融(※)について、韓国を含む各国の優秀事例も発表した。

※(タイトル)Who will finance the innovation? (誰がイノベーションに金融投資をするのか?)

グローバル・イノベーション・インデックスのウェブサイトには、2019年に韓国IP金融が1兆ウォン突破したことの意義、知識財産担保の回収支援機構の発足(※)などIP金融基盤を整える政策、IP金融投資の活性化を推進する戦略策定など、特許庁のIP金融市場への支援策が紹介された。

※銀行から知的財産担保融資を受けたイノベーション・ベンチャー企業に不良債権が発生した際、最大50%の金額で知的財産を買い取り、融資銀行の損失を補填して、ライセンスや売却を通じて収益化する機構

特許庁長は、「これまで相対的に弱い部門であった、イノベーションインプットを改善し、韓国がグローバル・イノベーション・インデックスのランキングで初めてTOP10に入ったことは、非常に有意義であり、励みになることである」とし、「特許庁は、韓国のグローバル競争力と価値を継続的に高めるためにイノベーション活動の結果である知的財産権が市場でまともに評価されて保護を受けることにより、事業化につながるイノベーションのエコシステム造りに最善を尽くしていきたい」と述べた。

ジェトロ・ソウル事務所知的財産チーム

ジェトロ・ソウル事務所 知的財産チームは、韓国の知的財産に関する各種研究、情報の収集・分析・提供、関係者に対する助言や相談、広報啓発活動、取り締まりの支援などを行っています。各種問い合わせ、相談、訪問をご希望の方はご連絡ください。
担当者:土谷、曺(チョウ)、柳(ユ)
E-mail:kos-jetroipr@jetro.go.jp
Tel :+82-2-3210-0195

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。

マイリスト マイリストを開く 追加

閉じる

マイリスト
マイリスト機能を使ってみませんか?
ジェトロ・ウェブサイトのお好きなページをブックマークできる機能です。
ブックマークするにはお好きなページで追加ボタンを押してください。