1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. アジア
  4. 韓国
  5. 知的財産に関する情報
  6. 知的財産ニュース
  7. ポスコ、日韓の電気鋼板特許係争で勝利 

知的財産ニュース ポスコ、日韓の電気鋼板特許係争で勝利 

2014年2月18日
出所: デジタルタイムズ

4502

韓国特許庁は、新日鉄住金の方向性電気鋼板関連の特許について無効決定を下し、ポスコが新日鉄住金と行っている特許係争で勝ちを取った。

ポスコによると、17日、韓国特許庁は、新日鉄住金の特許4件に関する無効審判の結果、「4件の特許の38請求項全てがすでに知られている公知技術と同一、または類似であるため無効である」という決定を下した。

方向性電気鋼板とは、変圧器などに用いられる高性能の鋼板で、電気自動車やハイブリッド車、再生エネルギーの素材などに利用され、未来の鉄鋼素材の一つとして注目されている。

今回に無効とされた特許4件は、方向性電気鋼板の素材になる鋼板を加熱する速度、鋼板の熱処理温度、鋼板内の酸素量及び鋼板から調査されるレジャーの出力に関するものだ。

2012年4月、ポスコの方向性電気鋼板の販売が増えると、米国でポスコが自社の特許を侵害したとして新日鉄住金が訴訟を提起して始まった係争だ。

これを受けポスコは、米国と韓国に該当特許4件を侵害していないうえ、特許そのものが無効であることを主張してきた。

これに対し、新日鉄住金は、米国特許庁の無効決定を回避するため、従来の4件に31請求項となっていた特許を115件に細分化して対応したが、米国特許庁は、115の請求項のうち、109項について「すでに知られている公知技術と同一、又は類似であるため、無効自由がある」という趣旨の中間決定を下した。

韓国特許庁が米国特許庁と同様の趣旨の無効決定を先に下したことで、「ポスコが自社のコア技術を利用して特許を侵害した」という新日鉄の主張には一旦歯止めがかかった。

チョン・ユジン記者

ジェトロ・ソウル事務所知的財産チーム

ジェトロ・ソウル事務所 知的財産チームは、韓国の知的財産に関する各種研究、情報の収集・分析・提供、関係者に対する助言や相談、広報啓発活動、取り締まりの支援などを行っています。各種問い合わせ、相談、訪問をご希望の方はご連絡ください。
担当者:浜岸、曺(チョウ)、柳(ユ)
E-mail:kos-jetroipr@jetro.go.jp
Tel :+82-2-3210-0195

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。

  1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. アジア
  4. 韓国
  5. 知的財産に関する情報
  6. 知的財産ニュース
  7. ポスコ、日韓の電気鋼板特許係争で勝利 

マイリスト マイリストを開く 追加

閉じる

マイリスト
マイリスト機能を使ってみませんか?
ジェトロ・ウェブサイトのお好きなページをブックマークできる機能です。
ブックマークするにはお好きなページで追加ボタンを押してください。