1. サイトトップ
  2. お知らせ・記者発表
  3. 記者発表
  4. 2021年
  5. TICAD8に向け、アフリカビジネス支援体制を強化 ―ジェトロ本部に「アフリカビジネスデスク」を新設―

TICAD8に向け、アフリカビジネス支援体制を強化 ―ジェトロ本部に「アフリカビジネスデスク」を新設―

2021年06月24日

アフリカを目指す日本企業を対象に、市場・制度・生活環境実態、パートナー候補リストなどの情報提供から商談後のフォローアップまで一貫支援

ジェトロは、2022年に開催予定の第8回アフリカ開発会議(TICAD8)(注)に向け、ジェトロ本部に「アフリカビジネスデスク」を新設します。アフリカでの事業展開を目指す日本企業を対象に、アフリカ12カ国に設置する現地専門家を活用した一貫支援のサービス(無料)を開始します。
ジェトロでは、コロナ禍にあっても、アフリカ地域を対象としたオンライン商談会を実施するなど、現地企業と日本企業のマッチング支援に取り組んできました。オンラインツールの活用により、気軽に参加できるようになったことから、日本企業のアフリカ市場開拓への意欲は一層高まっており、2020年度にジェトロが実施した4回の商談会には延べ113社(うち中小企業は79社)が参加しました。オンラインで活発な商談を行い、コロナ禍でもアフリカ市場開拓に成功する企業も出ています。一方で、いまだアフリカ地域への現地出張が困難であることもあり、現地市場を十分に調査できぬまま商談に臨んだり、商談会後のフォローアップが難しくなるなどの課題があり、成約に至らなかったケースも多数ありました。
今回の支援体制強化によって、各国の市場・制度・生活環境実態などの情報提供や、パートナー候補リストアップなどの事前の準備から支援を行い、商談会参加後のフォローアップも含めて、一貫した支援を行うことが可能となります。
なお、本サービスに加えて、昨年度から新たに開始した中小企業海外ビジネス人材育成塾アフリカコースなど、日本企業のアフリカビジネスを様々なサービスで支援し、来年開催予定のTICAD8に向けて、日本企業のアフリカビジネス成功事例を多く作り出したいと考えています。

アフリカビジネスデスク概要

アフリカでの事業展開を目指す日本企業や、既にアフリカでの事業を展開している日本企業を対象に、ジェトロの東京本部と海外事務所、アフリカ対象国の現地コーディネーターが連携して、日本企業のアフリカ市場開拓を準備段階から商談会後のフォローアップまで、シームレスに支援を行う。

  1. 主な対象企業
    • アフリカでの事業展開(輸出・投資等)を目指す日本企業
    • 既にアフリカでの事業を展開している日本企業
  2. 対象国

    アフリカ12カ国(エジプト、エチオピア、ガーナ、ケニア、コートジボワール、セネガル、タンザニア、ナイジェリア、南アフリカ、モザンビーク、モロッコ、ルワンダ)

    ※今後、ウガンダが対象となる予定です。
    ※上述以外の国をご希望の場合はご相談ください。

  3. 主なサービス内容:
    • 特定の現地ビジネスに関する相談対応
      (一般概況のご相談は、これまで同様、「海外ブリーフィングサービス」にて承ります。)
    • 特定分野における市場・制度・生活環境実態などの情報提供
    • パートナー候補リストアップ、アポイントメント取得、フォローアップ(ただし、ジェトロ主催の商談会で実際に商談を行った企業や、本サービスでジェトロが紹介した企業との商談に限ります)

    ※対象業種は原則として全業種ですが、対象国によって業種が限定される可能性があります。

  4. ご利用料金:無料
  5. 言語:英語(日本語で対応可能な事務所もあります)
  6. 申込の流れ:
    1. 申込書と依頼フォームへの記入・提出
    2. ご依頼内容の確認
    3. オンライン面談
    4. 支援サービスの提供
  7. お申し込みURL:アフリカビジネスデスク(ジェトロ)
(注)アフリカ開発会議(TICAD)とは:
1993年に日本政府の主導で開始され、8回目を迎える次回は2022年にチュニジアで開催予定。
発足当初はアフリカ各国の開発課題の議論が中心であったが、持続可能な成長・発展には、特に民間企業の投資が重要との認識のもと、経済的な議論に重点が置かれるようになりつつある。

参考:

お問い合わせ:

(日本国内からのお問い合わせ)
新興国ビジネス開発課 開発支援班(担当:数実(かずみ)、岡部、和泉)
Tel: 03-3582-5170
E-mail: bdebiz@jetro.go.jp

(アフリカからのお問い合わせ)
最寄りの在アフリカ事務所(ヨハネスブルク、ナイロビ、アディスアベバ、アビジャン、ラゴス、カイロ、ラバト、マプト、アクラ)にご連絡ください。

(英国、フランス、トルコ、UAE、インドからのお問い合わせ)
これら各国については、ジェトロ事務所(ロンドン、パリ、イスタンブール、ドバイ、ニューデリー)に「アフリカ相談デスク」を設けています。最寄りの各事務所までご連絡ください。

2021年度 アフリカオンライン商談会事業概要

アフリカ市場開拓を目指す日本企業を対象に、重要なパートナー候補になりうるアフリカの有力事業者との個別商談会をオンラインで実施。

  1. 日程と対象分野:
    1. 医療機器分野:2021年6月1日~11日

      画像診断システム、画像診断用X線関連措置及び用具、医用検体検査機器、施設用機器、処置用機器、治療用または手術用機器、歯科用機器、眼科用品及び関連製品、衛生材料および衛生用品 等

    2. 機械分野:2021年6月23日~7月7日

      電力関連機器、光・通信機器、新エネルギー関連機器、環境関連機械・技術・サービス(廃棄物処理関連等)、産業用車両用品(板バネ等)、自転車用コンポーネント 等

    3. 農業資機材分野:2021年7月27日~8月4日(予定)※6/25参加申込締め切り

      農業機械(トラクター、耕耘機、掘削機、収穫機、発電機、スプレーヤー、精米機器、選別機/色彩選別機等)、肥料、農薬、種苗、ラボ機器、計測機器、灌漑資機材、食品加工・包装資機材、建設機械(一部)、その他関連システム等

    4. 総合:2021年9月下旬~10月上旬(予定)

      上述の分野以外で各国ニーズの高い分野(総合)にて、個別バイヤーとのマッチングを実施。

  2. 形式:オンライン会議アプリケーションを活用したオンライン商談
  3. 参加費:無料
  4. お申込みURL:アフリカオンライン商談会事業概要(農業資機材商談会のご案内)

お問い合わせ:

(医療機器分野と農業資機材分野の商談会)
新興国ビジネス開発課 開発支援班 (担当:松野、和泉)
Tel: 03-3582-5170 E-mail: bdebiz@jetro.go.jp

(機械分野と総合の商談会)
市場開拓・展⽰事業課 (担当︓増田、望月)
Tel: 03-3582-5242 E-mail︓faa2@jetro.go.jp

2021年度 中小企業海外ビジネス人材育成塾アフリカコース事業概要

海外ビジネスの基礎的なスキルとして、海外展開戦略の策定や効果的な商談資料の作りに関する研修に加えて、アフリカ地域へのビジネス展開を行っていくための基礎的な知識や戦略策定のノウハウに関する研修を行う。ジェトロ内外の専門家による講義に加えて、ジェトロ海外事務所からの個別指導、プレゼンの機会やグループワークを通じて、講師や他の参加者からアドバイスを受ける双方向型の研修を行う。

  1. 対象者:

    アフリカ地域について、自社で海外展開(輸出・進出)を行っている、または行う予定のある中小企業の社員。(中小企業基本法第2条第1項による定義に基づく)

  2. 募集参加者数:

    10名程度(1社につき最大2名※ただし、申込者数が定員を上回る場合は1社1名)

  3. 参加費:

    無料

  4. 実施時期:

    2021年9月17日(金曜)~11月29日(月曜)計7回(各回への参加が必須)
    ※参加募集開始は8月2日(月曜)~9日(月曜)

  5. お申し込みURL: 中小企業海外ビジネス人材育成塾

お問い合わせ:

ジェトロ国際ビジネス⼈材課 (担当:内田、柴田、浜崎)
Tel:03-3582-8355
E-mail:ikusei@jetro.go.jp