1. サイトトップ
  2. お知らせ・記者発表
  3. お知らせ
  4. 2021年
  5. 経済産業省主催「東京ビヨンド・ゼロ・ウィーク 2021」のご案内

経済産業省主催「東京ビヨンド・ゼロ・ウィーク 2021」のご案内

2021年09月21日

経済産業省では、昨年に引き続き、カーボンニュートラル、さらにはビヨンド・ゼロに向けたエネルギー・環境関連の国際会議「東京ビヨンド・ゼロ・ウィーク2021」を10月4日(月曜)から開催します。(詳細は、各会議ウェブサイトをご参照ください)

プログラム概要

第1回アジアグリーン成長パートナーシップ閣僚会合
項目 詳細
日時 10月4日(月曜)16時00分~18時00分
ホテルニューオータニ+オンライン(予定)
概要 アジア等新興国において経済成長とカーボンニュートラルを同時実現するためには、各国の事情を考慮し、あらゆるエネルギー源・技術を活用した、多様かつ現実的なエネルギートランジションを進めていくことが必要です。本会合は、こうした考え方について参加国間で議論を深め、国際社会にも発信していく予定です。日本の主催により、今回、初めて開催するものです。
公式サイト外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
第3回カーボンリサイクル産学官国際会議
項目 詳細
日時 10月4日(月曜)15時30分~18時30分
ホテルニューオータニ+オンライン(予定)
概要 本会議は、世界のカーボンニュートラル実現のキーテクノロジーであるカーボンリサイクルについて、我が国の取組の進捗等を発信するとともに、世界の産・学・官の叡智を集め、最新の知見の共有や社会実装に向けた取組に関する活発な議論を行います。これにより、国際連携の更なる強化や社会実装の加速化、市場創出を目指します。
共催 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
公式サイト外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
第4回水素閣僚会議
項目 詳細
日時 10月4日(月曜)19時00分~22時00分
ホテルニューオータニ+オンライン(予定)
概要 本会議は、水素の利活用をグローバルな規模で推進し、関係各国が歩調を合わせ一層の連携を図る場として、2018年に世界で初めて日本で開催され、本年は4回目の開催となります。水素社会実現に向けた世界の気運を引き続き維持拡大するため、本会議を各国の水素社会構築に向けた取組を共有する場とし、国際連携のより一層の強化を図ります。
共催 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
公式サイト外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
第10回LNG産消会議
項目 詳細
日時 10月5日(火曜)19時00分~23時00分
オンライン(予定)
概要 本会議は、LNG の長期的な需給見通しの共有と取引市場の透明化に向けた連携を生産国・消費国間で図るプラットフォームとして開催し、10回目の節目を迎えます。本年は、これまで日本、そして世界のエネルギー安定供給と持続的成長を支えてきた LNGが、世界的な脱炭素化の流れの中で、次の10年に求められる役割と期待について議論を深める予定です。
共催 一般財団法人アジア太平洋エネルギー研究センター(APERC)
公式サイト外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
第3回TCFDサミット
項目 詳細
日時 10月5日(火曜)13時00分~18時30分
グランドプリンスホテル高輪+オンライン(予定)
概要 気候変動対策を強力に推進するため、金融の重要性が一層増す中、気候変動関連の情報開示の枠組みとして G20 の要請で設立された TCFD(Task Force on Climate-related Financial Disclosures)が目的とする気候関連財務情報の開示を企業等に義務化する動きが国際的に進んでいます。本サミットでは、産業界・金融界のリーダーに更なる TCFD 提言の活用に向けて議論し、適切な投資判断の基盤となる開示の拡充を促します。また、トランジションに関する情報開示の在り方を含めた議論を通じ、企業が気候変動を機会として飛躍する取組を示し、国際的に、ファイナンスが企業のカーボンニュートラル実現に向けた取組を加速する流れを作り出すことを目指します。
共催 TCFD コンソーシアム、The World Business Council for Sustainable Development(WBCSD)
公式サイト外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
第1回燃料アンモニア国際会議
項目 詳細
日時 10月6日(水曜)19時00分~22時00分
オンライン(予定)
概要 本会議は、地球温暖化対策に有効な燃料アンモニアの安定的、低廉で柔軟性のあるサプライチェーン・市場を構築していくために、国家の垣根を越えた関係者の国際連携基盤を構築すべく、燃料アンモニア関係国・企業・関係機関により開催します。燃料アンモニアの国際的な認知向上とともに、需給拡大に向けた取組の方向性について議論します。日本の主催により、今回、初めて開催するものです。
共催 一般社団法人クリーン燃料アンモニア協会(CFAA)
公式サイト外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
第8回ICEF
項目 詳細
日時 10月6日(水曜)14時30分~18時00分
10月7日(木曜)9時00分~18時05分
ホテルニューオータニ+オンライン(予定)
概要 本会議は、多様なステークホルダーによる、中長期のエネルギー・環境イノベーションに関する議論を国内外へ広く発信します。大局的な観点から議論する ICEF 本会議と、特定の技術分野等に関して議論する分科会で構成されており、カーボンニュートラル達成に向けた道筋を示すべく、各ステークホルダー及び技術分野における具体的なアクションについて議論を深めます。
共催 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
公式サイト外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
第3回RD20(リーダーズ・セッション)
項目 詳細
日時 10月8日(金曜)14時00分~16時10分
ホテルニューオータニ+オンライン(予定)
概要 本会議は、カーボンニュートラルの実現に向けたイノベーション創出に繋げるため、クリーンエネルギー技術分野におけるG20の研究機関のリーダーを集め、各国研究機関のアライアンス強化、国際的な共同研究開発の展開等について議論します。リーダーズ・セッションでは、低炭素社会に向けた地球規模の連携について研究機関のリーダーによるハイレベルな議論を実施します。また、これに先立ち9月29日(水曜日)~10月1日(金曜日)に開催するテクニカルセッションでは、個別の技術テーマ(脱炭素化のセクター別アプローチ、水素の社会的受容性、エネルギー管理システム)について各国の専門家によるパネルディスカッション等を実施します。
共催 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公式サイト外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

ジェトロ企画課 (担当:眞治・神谷)
Tel:03-3582-5539