貿易実務シリーズ 応用編

徹底的な現場主義で構成された教材内容で、真の国際力を高めるチャンス!
貿易実務オンライン講座「応用編」では、実務に直結した実践力を重視し、実際の取引で起こりうる事例を中心に、より円滑に貿易実務を遂行するための専門知識を深めていきます。
徹底的な現場主義に基づいて構成されたカリキュラムで、貿易実務のエキスパートを目指します。

特長

概要

受講料(税抜き)
  • 一般:24,000円
  • ジェトロ・メンバーズ:21,600円
詳しい受講料のご案内を見る
受講期間 11週間
※学習期間内であれば、ご自分のペースで進めることができ、何度でも受講(復習)が可能です。
※原則、受講期間の延長・繰越しは行っておりません。
目安学習時間 1つの学習テーマ:30~60分程度
総合学習時間:15~20時間
受講対象者
  • 実務経験1~3年程度の方(基礎編修了レベル)
  • 貿易実務の専門知識を深め、コスト削減やリスク回避などの感覚を身につけたい方
  • 貿易全体の流れを把握している方
  • 海外企業との取引の決定権を有する方(チームリーダー、上級実務担当者など)
受講効果 貿易の実践で求められる専門知識、判断のポイントを理解し、トラブル対応ができるレベル
※本講座は実務を優先しており、学術的なものとは異なります。
修了条件 3つの確認テストで70%以上
※受講期間中に70%を達成できない場合は、修了証書は発行されません。
※全ての学習テーマを受講していることが前提条件となります。(1つでも未了の学習テーマがあると修了となりません)

カリキュラム

1つの学習テーマあたり30分~60分で終了できます。2テーマを1週間で学習することを目安に、講座期間の前半を「応用実務編」、後半を「トラブル対処編」とし、より円滑な貿易実務のための専門知識を、全11週間で学習します。
※以下は標準的なスケジュールです。受講期間内は、ご自身のペースで進めていくことが可能です。

応用実務編
標準学習期間 学習テーマ 学習内容 学習項目
第1週 貿易の流れ 輸出入の流れを復習したうえで、貿易を進めるために必要となるコスト削減とリスク回避の視点について学習します。
  1. はじめに
  2. 登場人物紹介、場面説明
  3. 輸出の流れ(復習)
  4. 輸入の流れ(復習)
  5. 契約見直しのチェックポイント
貿易条件の選択 インコタームズを復習したうえで、各条件のメリット・デメリットを輸出入者の視点から学習します。
  1. インコタームズについて(復習)
  2. インコタームズのシチュエーション比較
  3. 改正米国貿易定義
第2週 輸出採算・輸入採算 コスト志向、需要志向、競争志向の価格戦略に基づく採算計算の方法・要素について学習します。
  1. 価格戦略
  2. 採算計算の方法
  3. 採算計算の要素
  4. 採算結果からの検討内容
採算計算 輸出入採算の実例をもとに、計算のチェックポイントについて学習します。
  1. 輸出採算
  2. 輸入採算
  3. 採算計算のチェックポイント
  4. 見積書とプロフォーマインボイス
第3週 輸送手段の選択 各輸送手段の特長・適正をつかみ、コスト削減・リスク回避の視点での場面に応じた選択方法を学習します。
  1. 海上輸送
  2. 航空輸送
  3. 複合一貫輸送、国際郵便、国際宅配便
  4. 輸送手段の選択方法
通関対策 通関に関係するリスク、またコスト削減につながるポイントを学習します。
  1. HS番号の見直し
  2. 事前教示制度
  3. 輸入申告価格の加算要素
  4. 事後調査
第4週 保険付保の選択
(貨物保険)
貨物保険のカバー範囲等をリスク回避の視点を中心に学習します。また、手続きの簡素化によるコスト削減についても学習します。
  1. 貨物海上保険とは
  2. インコタームズと貨物海上保険
  3. 貨物海上保険の条件
  4. 航空貨物の保険付保
  5. 簡素化に伴うコスト削減

保険付保の選択(貿易保険・PL保険)

貿易保険・PL保険のカバー範囲等をリスク回避の視点を中心に学習します。
  1. 貿易保険
  2. PL保険
第5週 決済手段の選択 各決済手段の特徴・適正、コストを掴み、代金回収/貨物引取りリスクの視点から分析した上で、選択方法について学習します。
  1. 決済手段の種類
  2. 決済手段の選択方法
貿易金融の選択と為替リスク対策 資金繰りのリスクの観点から貿易金融について学習します。また、為替リスク対策の方法を学習します。
  1. 貿易金融の選択
  2. 為替リスク対策
第6週 契約交渉・締結 輸出入規制について確認したうえで、契約書の表面約款・裏面約款についてリスク回避の視点から学習します。
  1. 契約交渉前の確認
  2. 契約書の意義と種類
  3. 表面約款
  4. 裏面約款
継続的取引 継続的に貿易取引を行なっていく中でコスト削減・リスク回避の視点からポイントを学習します。
  1. 契約
  2. 決済
  3. 保険
  4. 輸送
  5. 通関
  6. 取引形態の変化(輸出)
  7. 取引形態の変化(輸入)
第7週 応用実務編確認テスト
トラブル対処編
標準学習期間 学習テーマ 学習内容 学習項目
第8週 商品・契約トラブル(輸入) 輸入者が遭遇する商品・契約トラブルの対処方法を学習します。
  1. 商品破損‐その1‐
  2. 商品破損‐その2‐
  3. 品質不良
  4. 船積み遅延
商品・契約トラブル(輸出) 輸出者が遭遇する商品・契約トラブルの対処方法を学習します。
  1. 不完全梱包、破損、船積み前のリマーク
  2. マーケットクレーム
  3. 取引トラブル
  4. インコタームズ
第9週 決済トラブル 輸出者が遭遇する決済(代金回収)トラブルの対処方法を学習します。
  1. ディスクレ
  2. L/C未着
  3. 代金未払い‐債権回収
  4. サレンダーB/L
運送・通関トラブル 輸出入者が遭遇する運送・通関時のトラブルの対処方法を学習します。
  1. 貨物盗難
  2. 船舶事故と保険求償
  3. 船積書類
  4. 通関手続き
第10週 知財・PL・規制トラブル(輸入) 輸入者が遭遇する知的財産権、PL責任、規制トラブルの対処方法を学習します。
  1. 模倣品トラブル
  2. PLトラブル
  3. 原産地表示
  4. 法規トラブル
知財・PL・規制トラブル(輸出) 輸出者が遭遇する知的財産権、PL責任、規制トラブルの対処方法を学習します。
  1. 模倣品の流通
  2. 商標権侵害
  3. PL訴訟
  4. 法規トラブル
第11週 トラブル対処編確認テスト
修了確認テスト

まずはお気軽にどうぞ

講座の最初の部分を無料でお試しいただけます。

  • ボタンを押しても開かない場合は、Ctrlキーを押しながらクリックしてください。
  • それでも開かない場合は、「エラーの解消法について」をご覧ください。
  • 講座の進め方がわからない場合は、「サンプル講座について」をご覧ください。
  • お申し込みは、オンラインから可能です。
  • 資料請求の場合、パンフレットをご指定のお届け先(国内外)までお送りします。

ご質問・お問い合わせ

よくあるご質問

よくお寄せいただくご質問とそのご案内をまとめました。
お問い合わせいただく前にご確認をお願いします。

受講に関するお問い合わせ

ジェトロ お客様サポート課
Tel : 03-3582-5163