1. サイトトップ
  2. ジェトロ活用事例
  3. 株式会社太陽:インドに工場を建設し、海外市場にいち早く参入

インドに工場を建設し、海外市場にいち早く参入

top.jpg

株式会社太陽

農業の近代化が進むアジア市場開拓のため、日系農業機械メーカーとして初めてインドに進出。現地に工場を建設し、インドを拠点に世界No.1 企業を目指す。

高知県高知市 <海外進出> 対象国・地域:インド

耕うん爪の国内トップメーカー

農業機械部品メーカーの太陽は、トラクターに使用する「耕うん爪」の製造において、国内4割のシェアをもつ国内トップメーカーである。同社は、国内の農業人口の減少に伴い、「耕うん爪」の需要も減少傾向にあることなどから、農業の近代化が進むアジア等の海外市場を開拓するため、2013年4月にインドに現地法人を設立し、6月に工場用地を取得した。現在、ニムラナ工業団地(ラジャスタン州)に工場を建設中で、2014年9月の操業開始に向けて準備を進めている。

世界第2位の農業大国であり、今後、農業の近代化・機械化が進むと期待されるインドでは、年間50万台以上のトラクターが生産される。海外の競合他社も現地に進出し、市場競争が激化するなか、同社は、日系農業機械メーカーとして初めてインドに製造拠点を設立した。他社より一歩先をリードし、インドを拠点にアジア、中東、欧州、アフリカ市場への販路拡大を目指している。

同社が活用したジェトロの主なサービス・支援

2011年11月 海外ミニ調査サービス
2011年11月 海外ブリーフィングサービス
2012年3月 海外ブリーフィングサービス
2011年~2012年 セミナー・講演会参加多数
2012年5月~2013年4月 海外ビジネス・サポートセンター(BSCニューデリー)

インドの工業団地に工場を建設

海外進出先の検討に際し、同社は中国・タイ等複数の国・地域について現地視察を行った。農業従事者と耕地面積の比率等を調査し、各国を比較、原材料である特殊鋼を現地で調達することが可能であることなどから、最終的にインド市場への進出を決めた。

進出先を決めるにあたり、同社はジェトロ高知に相談し、インドの事情に詳しい担当者から手厚いフォローを受けることになった。現地調査を目的とした出張時には、ジェトロのアレンジにより企業訪問だけでなく、農家の視察も併せて行い、現地事情について理解を深めた。

2012年5月にジェトロのビジネス・サポートセンター(BSC ニューデリー)に入居した後は、工業団地の紹介を受けるなど、ジェトロのアドバイザーから全面的バックアップを受けた。日系企業専用のニムラナ工業団地はジェトロとの関係も深く、入居前から団地の詳細を把握することができ、また、税制や規制面等の情報提供だけでなく、人的ネットワークの紹介を受けたことで現地ネットワークが広がった。同社では、このネットワークを利用して、インドならではのビジネスノウハウについて、他企業からもアドバイスを受けている。

image.jpg

地鎮祭の様子

売上高20億円を目標に

同社では、2014年9月の操業開始に合わせて現地に駐在員を派遣し、3年後には現地採用を35名まで増員する計画で、5~ 10年で売上高を20億円にすることを目標に掲げている。

「海外投資は戦い」との覚悟を持つ同社は、耕うん爪分野で世界No.1企業を目指す。インドには、すでに海外企業が進出してきており、他国のメーカーが当面のライバルとなる。まずは品質面でトップに立てるよう、同社はあくなき挑戦を続けていく。

ジェトロ担当者からの一言コメント

ジェトロが紹介する日系専用工業団地に関心を示し、工場視察や立ち上げを支援した。海外進出はインドが初めてとのことで、実務情報の提供からノウハウまでジェトロが全面的に支援し、無事工場の起工式までこぎつけた。

株式会社太陽

高知県高知市布師田3950
Tel:088-846-1230
http://www.k-taiyo.co.jp/外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
従業員:174名 資本金:6,000万円

2014年3月

関連情報

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。