1. サイトトップ
  2. ジェトロ活用事例
  3. 株式会社ハッツアンリミテッド:音楽コンテンツの海外展開モデル

音楽コンテンツの海外展開モデル

top.jpg

葉加瀬太郎氏

株式会社ハッツアンリミテッド

音楽ソフトの海外進出のため2年連続で国際音楽見本市に出展。コーディネーターサービスを活用して商談や企業訪問を行い、日仏アーティストのコラボレーションが実現。

東京都港区 <輸出> 対象国・地域:フランス他

葉加瀬太郎氏主宰の音楽レーベル

ハッツアンリミテッドは、近年、自社レーベルの音楽ソフトの輸出やアーティスト交流を通じて海外との音楽ビジネスを展開し、欧州を中心に活動の場を広げている。

同社の代表的アーティストである葉加瀬太郎氏が2002年から主宰し、音楽総監督を務める「HATS(ハッツ)」は、上質で大人向けの音楽を提供するインストゥルメンタル専門のレーベルで、葉加瀬太郎氏をはじめ、古澤巌氏、西村由紀江氏ら14組のアーティストが所属する。小規模ながら“アーティスト自身が自由に創作できるレーベル”を具現化しており、葉加瀬氏は、アーティストとしてアルバムの発表やワールドツアーを行う一方で、プロデューサーとしてレーベルのアーティスト育成なども手がけ、マルチな音楽活動を展開している。

同社が活用したジェトロの主なサービス・支援

2012年1月 国際音楽見本市「MIDEM」出展
2012年10月 日本音楽の欧州展開ワークショップ参加
2013年1月 国際音楽見本市「MIDEM」出展
2013年10月 音楽ビジネスワークショップ参加

音楽見本市への出展とアフターフォロー

同社の海外展開については、葉加瀬氏がヴァイオリン演奏のさらなる向上を求めて2007年にロンドンに転居したことがひとつのきっかけとなった。欧州での仕事の広がりを求めていた時期に、パリ在住のジェトロのコーディネーターと出会い、同社はセミナーや見本市などのジェトロ事業に参加するようになった。2012年から2年連続で世界最大規模の国際音楽見本市「MIDEM」(カンヌ)のジャパン・ブースに出展し、ジェトロのコーディネーターによる商談のマッチングサービスを受けた。会期後もコーディネーターから現地情報を得て、一緒に企業訪問したことで商談が現実的な方向に進んだ。中でも、フランス人アーティストのアモリ・ヴァッシーリのレーベルとの交渉が進み、アモリ氏のアルバムへの葉加瀬氏の楽曲参加と、アモリ氏の日本デビューが決まり、ライブイベントも開催された。その後も、両者共演で韓国コンサートを開催(2013年11月)するなど、長期的視点に立った両者のコラボレーションが段階的に実現しており、欧州における葉加瀬氏の認知度も高まりつつある。

image.jpg

日本の音楽業界をリードする海外展開

「HATS」のようなジャンルのレーベルで海外進出を図っている日本企業はまだ少ない。レーベル・マネージャーの水越文明氏は、日本の音楽産業について「音楽単独の海外展開はまだこれから」としながらも「アニメソングやビジュアル系に限らず、日本の音楽は世界に受け入れられる」と市場開拓の可能性を実感している。同時に、ジェトロ事業や経済産業省の支援制度のもと“オールジャパン”体制で戦略的に取り組むことの重要性についても認識している。自らの役割を“日本の音楽を海外に根付かせるための試金石”として、日本の音楽産業のモデルケースとなるべく、東南アジアなど欧州以外の地域も視野に今後も海外音楽ビジネスに挑戦していく。

ジェトロ担当者からの一言コメント

同社は、海外企業と出会う手段のひとつとして、国際音楽見本市「MIDEM」への出展支援や個別商談会アレンジ等のサービスを活用してきた。ジェトロでは、その他東京国際ミュージックマーケット(TIMM)に合わせて商談会やワークショップを開催している。

ご利用いただいたジェトロのサービス

株式会社ハッツアンリミテッド

東京都港区六本木7-21-21 ウォーカー21
Tel:03-3796-8282
http://hats.jp/外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
従業員:15名 資本金:6,995万円

2014年3月

関連情報

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。