1. サイトトップ
  2. ジェトロ活用事例
  3. 有限会社 かごしま有機生産組合:あきらめないこと、それが成功への道。

有限会社 かごしま有機生産組合

あきらめないこと、それが成功への道。日本最大の有機農業生産組合が輸出に挑戦!

「有機農業を広め、深めることによる持続可能な社会」の実現を目指し、1984年から無農薬栽培や有機栽培に取り組む。海外販路開拓に取り組む初期段階からジェトロ鹿児島に相談。その後、香港を皮切りにシンガポール、UAE、タイなどに販路を拡大している。

鹿児島県鹿児島市 ウェブサイト外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

展開国・地域:
・2018年 香港
・2019年 香港、マカオ、シンガポール、クウェート、アラブ首長国連邦(UAE)
・2020年 タイ
事業内容:
鹿児島県を中心に無農薬有機栽培に取り組む160の事業者が所属。農産物の生産・販売・加工。カフェ1店舗を含む4店舗を県内で展開し、直接販売も行う。

EC事業部 兼 海外事業部 部長 福元 飛勇真 氏

きっかけは「ジェトロに相談してみよう」だった

弊社の海外事業は2つあり、1つは海外で有機農業を広める事業、もう1つは日本産有機農産物を海外に輸出する事業です。前者は、2017年からJICA(国際協力機構)の「草の根技術協力事業」でネパールにて企業パートナーとして有機栽培指導を始めました。後者は、同年10月、海外事業部の設置を機に取り組みを始めました。当初は、取り扱い商品を海外に広めることを目的にインターネット販売での海外販路開拓に挑戦しましたが、中々うまくいかない状況でした。そのような時に、「一度、ジェトロに相談してみよう」と思ったことから全てが動きだしました。相談の当初から現在まで、まず相談する相手はジェトロ鹿児島の専門家です。話を整理し、現状把握から今後の方針まで様々な相談をしてきました。自分たちで知り得ない情報や経験から、海外市場への売り込みに対して様々な選択肢を提示していただきました。その中から、まずは海外バイヤーの実際の反応を見るべく、県内で開催された「輸出商談会」への参加を決めました。

地元の有機素材を活かした商品

「素材に負けない、加工でごまかさない」商品

道を外すことなく、今まで挑戦できているのもジェトロのおかげ

その輸出商談会の事前打ち合せにて、ジェトロの専門家から「有機の青果物は強みであり、有機でなくても青果物のサツマイモは香港やシンガポールで人気である」と言われたため、当日は半信半疑で商品を準備して参加しました。その結果、香港向けにサツマイモの取引が成立し、他の商材の受注にも繋がりました。弊社としては加工食品を売り込む予定でしたが、海外バイヤーの求める商材は別であることを実感しました。それ以降は国内外問わず、商談会や展示会に多数参加して、バイヤーのニーズを把握するよう努めています。

海外での商談には「新輸出大国コンソーシアム」の専門家に同行をお願いしています。担当の専門家は、アジアの現地事情に大変詳しく、各国の特徴や嗜好性、食文化、バイヤー情報など様々な情報を教えてもらいました。特に、弊社の商材の価値がわかる有力なバイヤーともつないでもらい、商談までの具体的な支援もあって契約に結び付きました。最初から躓くこともなく、また、道を外すこともなく、ここまで来れたのは専門家の支援のおかげです。

ドバイでの展示会出展時の様子

挫折しそうなときも結構あったが、諦めなかったのが一番

今後は、更に輸出事業を拡大し、最終的にはオーガニックの本場であり難易度の高いEU市場への輸出も目指します。これまで、英語パンフレットの作成をはじめ、様々な場面で挫折しそうになりましたが、その都度ジェトロの専門家に相談したことで大きな壁にならず、最後まで諦めずに取り組むことができました。このことが成功の一番の要因だと思います。海外で自分たちの商材が売れたことで生産者のモチベーションもあがっています。特に、オーガニックのベビーフードは安心安全の面からも引き合いが増えており、引き続き専門家のアドバイスを踏まえて、生産者に寄り添った価格設定で交渉しています。これから海外展開を目指す方々には、商談がうまく進まない時でも気長に根気強く取り組むこと、そして、ジェトロに相談することを強くお薦めします。

専門家からのポイント

かごしま有機生産組合は、有機農法で作られた野菜を国内外に販売しています。最近は一次産品にとどまらず、オーガニックのベビーフード等が海外においても注目されています。商品の特性上、どうしても高価格となってしまうことから、有機農産物に対する価値を理解していただける企業に絞り込んで、商談に臨むようアドバイスしました。海外展開においては、どうしても価格が重要視されがちですが、あえて妥協をしないという姿勢もまた成功要因となります。今後も、価値観を共有できる現地企業との信頼関係を大切に、ますます世界に飛躍していくことを期待しています。

ご利用いただいたジェトロのサービス

  • 新輸出大国コンソーシアム
    日本企業の海外展開を支援する全国のあらゆる支援機関が結集し、海外展開にご関心をお持ちの中堅・中小企業の皆様へワンストップの支援サービスを提供します。

有限会社 かごしま有機生産組合

鹿児島県鹿児島市
http://kofa.jp/外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
代表者:大和田 世志人
設立年:1984年7月
従業員:75名
事業内容:鹿児島県を中心に無農薬有機栽培に取り組む160の事業者が所属。農産物の生産・販売・加工。カフェ1店舗を含む4店舗を県内で展開し、直接販売も行う。

2020年9月

関連情報

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。