1. サイトトップ
  2. ジェトロ活用事例
  3. 株式会社前田源商店:富士山麓で紡がれたオーガニックコットンを世界へ

株式会社前田源商店

富士山麓で紡がれたオーガニックコットンを世界へ

オーガニックコットン生地の生産・販売を行う。2015年に初めて参加したファッション素材見本市「Milano Unica」で確かな手ごたえを得たことを機に、海外への販路拡大を目指す。

山梨県富士吉田市 ウェブサイト外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

展開国・地域:
・2019年 ノルウェー、ロシア
事業内容:
オーガニックコットン生地の生産・販売

代表取締役社長 前田 市郎 氏

きっかけは、ミラノで開かれた展示会への初出展

海外進出のきっかけは、2015年にイタリア・ミラノで開かれた著名なファッション素材見本市「Milano Unica」への出展でした。当時、弊社は国内市場での販売が伸び悩んでいたこともあり、ジェトロと一般社団法人日本ファッション・ウィーク推進機構が運営する同見本市のジャパンパビリオンに、山梨県絹人繊織物協同組合の一員として参加しました。英語でのコミュニケーション、海外へのサンプル輸送、商談に対する心構えなど、分からないことばかりでしたが、まさに体当たりで臨みました。弊社としては初めての出展だったものの、オーガニックコットンに焦点を絞り、商材にぶれがなかったことで、多くのバイヤーから関心が寄せられました。また、欧州でサステイナブルが注目を集めており、オーガニックへの需要が高まっていたことも弊社にとって大きな追い風となりました。この見本市への出展を通して確かな手ごたえを感じ、以後海外との取引を志すようになりました。

同社で生産・販売するオーガニックコットン生地

海外バイヤーとの取引で得た様々な気づき

「Milano Unica」への出展を機に海外バイヤーとの取引が始まりましたが、取引を進めるにつれて様々な気づきを得ることができました。例えば、生地やサンプル品を輸出する際に利用する輸送会社は、輸出先の地域によって使い分ける必要があります。また、海外バイヤーの目に留まるようなサンプルの見せ方や、InstagramなどのSNSを活用した写真・動画による発信も重要です。英語でのコミュニケーションについても、最初は不安を感じましたが、「格好をつけていても仕方がない」と割り切り、ジェトロの専門家から提供いただいたビジネス英語表現集や翻訳ツールを駆使しながら対応しています。簡単な英語でいいので、要点を的確に伝えることと、こまめに早くやり取りすることが重要だと感じています。

国内での商談の様子

「前田源=高品質なオーガニックコットン」を目指す

2019年には、展示会で知り合ったノルウェーやロシアのバイヤーと取引をすることになりました。「新輸出大国コンソーシアム」の専門家には、英文契約書の内容確認などを含め、様々なアドバイスや情報提供をいただき感謝しています。引き続き支援していただきながら、更なる販路開拓を図っていきたいです。また、最近では、著名なトレンドブックに自社製品が掲載されるようになったほか、山梨県産業技術センターや山梨大学の技術を活用した新たな生地も開発しています。こうした取り組みを通して、海外バイヤーの方々への認知度をより一層向上させ、「前田源と言えば高品質なオーガニックコットン」という評価を築けるように努めたいです。

専門家からのポイント

前田源商店は、生産規模に限りのあるメーカーとして、商品開発面では、手作り感を表出した高価格かつ高品質なオーガニックコットン織物に特化して輸出展開に臨んでいます。マンパワーや貿易経験、資金面でも十分ではありませんが、ジェトロをはじめ様々な支援機関の輸出支援サービスをフルに活用しながら、限られた商談機会の中で緻密なフォローワークを行い、着実にオーダーにまとめ上げる真摯な努力が成功を至る要因となっています。同社には実践的な話題を提供しながら、顧客との関係性の深耕をもって安定的な輸出につなげて行くように尽力しています。

ご利用いただいたジェトロのサービス

  • 新輸出大国コンソーシアム
    日本企業の海外展開を支援する全国のあらゆる支援機関が結集し、海外展開にご関心をお持ちの中堅・中小企業の皆様へワンストップの支援サービスを提供します。

株式会社前田源商店

山梨県富士吉田市
https://www.maedagen.co.jp外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
代表者:前田 市郎
設立年:1921年10月
従業員:6名
事業内容:オーガニックコットン生地の生産・販売

2020年9月

関連情報

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。