1. サイトトップ
  2. ジェトロ活用事例
  3. スタイル・オブ・ジャパン株式会社:日本のHASHIを世界に伝えたい!夢は「ヨーロッパの家庭にも当然のように塗箸がある光景」

スタイル・オブ・ジャパン株式会社

日本のHASHIを世界に伝えたい!夢は「ヨーロッパの家庭にも当然のように塗箸がある光景」

日本の伝統工芸品であり、福井県小浜市の地域資源である「若狭塗箸」の企画・製造・販売・卸を手掛ける。2019年にドイツで開かれた国際見本市「アンビエンテ」で審査員投票1位を獲得。現在、欧州での販売を拡大中。

福井県小浜市 ウェブサイト外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

展開国・地域:
・2017年 ドイツ、中国
・2018〜19年 ドイツ、フランス、中国
・2020年 ドイツ、フランス、米国
事業内容:
「若狭塗箸」の企画・製造・販売・卸

代表取締役社長 大森 一生 氏

海外輸出の取り組みが自社のブランディングに繋がる

弊社の企業理念は「日本のHASHIを世界に伝える」です。元々、私は米国・ニューヨークで起業経験があり、英語でコミュニケーションを取ることもできたため、輸出に対する心理的なハードルは高くありませんでした。しかしながら、起業当初は国内での販路拡大に精一杯で、いつかは輸出をやろうと思いつつも手が回っていませんでした。また、当時は今よりも物流が煩雑で、オンライン決済サービスなども普及していなかったため、輸出に取り組むことは容易ではありませんでした。
弊社が輸出を始めたきっかけは、2015年に国内展示会で知り合った香港のエージェントが弊社の商品を大変気に入ってくれたことでした。そこまで気に入ってくれるのであれば彼に任せてみようと思い、間接輸出を始めました。その一方で、代理店に任せるだけでなく、弊社自ら海外に向けてブランディングしていかないと本当の意味での未来はないと感じていました。そこで、ジェトロの「新輸出大国コンソーシアム」の専門家支援を利用しました。

ドイツ人デザイナーとともに、欧州人の感性を日本の文化に取り入れる

欧州向けにデザインした新ブランド「STYLE OF JAPAN DINING」

欧州市場に箸文化を広めるには、ローカライズが大切

日本の工芸品は海外では異質なものだと思います。他方で、商品の背景を理解していただき、機能やデザインに可能性を感じてもらえれば、海外の消費者にも受け入れられると考えています。欧州輸出の足掛かりとしてドイツの国際見本市「アンビエンテ」に出展を決めた際、弊社は箸文化を広めるために「ローカライズしよう」という方針を立てました。その中で、弊社の伝えたい思いやコンセプトをどのように現地の人々に伝えるかを非常に拘りました。その結果として、2019年2月のアンビエンテでは審査員投票で1位を獲得することができました。
弊社は間伐材を素材とした環境配慮型のモノづくりを行っています。これを現在、欧州で大きな関心事となっているサステナビリティの観点にマッチした仕立てにできているか、また、競合との差別化を整理して押し出せるかが重要だと考えています。そのため、ドイツ人のデザイナーを起用し、「欧州人の感性と日本の文化を融合させる」ことにも注力しました。

アンビエンテの会場にて審査員たちと

自社の強みを分析し徹底的に磨き上げる

小さい企業だからこそ言えることがあります。それは、「置きに行かない」ということです。確かに「Made in Japan」は強みですが、それだけでは勝てません。自社の強みを分析し、それを徹底的に磨き上げる必要があります。また、海外展開に取り組むことは経営的にはリスクがありますが、それと同時にバッファーともなり得ます。経営における第三軸を形成するためにも海外展開には当たり前に取り組まないといけない時代だと思います。さらに、海外展開に取り組むことで「自社ブランドを通じた自己実現」ができると考えています。「ヨーロッパの家庭にも当然のように塗箸がある光景」が私の夢です。簡単ではありませんが、需要のないところに需要を作る気持ちで取り組んでいます。「Withコロナ」の時代では人が集まる場が消滅していき、それは新たなトレンドが生まれないことに繋がるのではないかと危惧しています。また、バーチャルにも限界があります。今後はリアルの良さとバーチャルの良さの結合を考えています。これまでと同じく「失敗は必ずあるが、しぶとくやり続ければ何とか上手くいく」という気持ちで頑張りたいと思います。

専門家からのポイント

スタイル・オブ・ジャパンの世界戦略は明確です。世界各地に出回る中国産の割り箸を同社のHASHIに置き換えることをミッションとしています。同社の成功要因は、商品を差別化し、ブランドストーリーを作り上げ、ターゲット層に明確に伝えたことです。特に、SDGsへの取り組みやエコフレンドリーな制作現場を動画や販促物を使って伝えたことで、ドイツの展示会ではデザイナー審査投票1位を獲得するなど高い評価を得ました。大森社長の熱意と世界を見据えた戦略が実を結んだ結果だと言えると思います。

ご利用いただいたジェトロのサービス

  • 新輸出大国コンソーシアム
    日本企業の海外展開を支援する全国のあらゆる支援機関が結集し、海外展開にご関心をお持ちの中堅・中小企業の皆様へワンストップの支援サービスを提供します。

スタイル・オブ・ジャパン株式会社

福井県小浜市
http://www.soj-inc.jp/外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
代表者:大森 一生
設立年:2005年2月
従業員:3名
事業内容:「若狭塗箸」の企画・製造・販売・卸

2020年9月

関連情報

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。