1. サイトトップ
  2. ジェトロ活用事例
  3. 有限会社サンマモルワイナリー:”ジャパニーズワイン”が世界に羽ばたく日を夢見て、少しずつ歩みを進めたい

有限会社サンマモルワイナリー

"ジャパニーズワイン"が世界に羽ばたく日を夢見て、少しずつ歩みを進めたい

本州最北限のワイナリー。「下北ワイン」の名で知られ、日本ワインコンクールで2016年に金賞を受賞するなど高い評価を得ている。台湾への輸出のほか、米国ハワイ州に現地法人を設立

青森県むつ市 ウェブサイト外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

展開国・地域 :
2017年 台湾
事業内容:
ワイン醸造・販売/ぶどう栽培

代表取締役 北村 良久 氏

日本発祥ではないワインの輸出は難しい

弊社は、ワイン用のぶどうが作られるのに適しているといわれている“ワインベルト(北緯30~50度)”に当てはまる北緯41度に位置しており、ぶどうの栽培からワインの醸造までを手がけています。商社の日本ワインブランドのリストに登録していますので、中国の日系企業が経営するスーパーマーケットのフェアなどのご案内をいただくことはありました。そのような中、青森県からジェトロを紹介いただき、本格的な海外展開に着手。売り上げ実績は全体の0.01%とまだ微々たるものです。酒を輸出する際の関税も高く、日本だと1,000円のものが海外での販売価格は3倍の3,000円になることもあります。日本料理店などで取り扱うとなると、さらにその2~3倍に。また、日本酒や和牛と違い、日本発祥ではないワインは、日本から海外に輸出する商品としては最も難しいものの一つかもしれないと感じています。

フランス・ブルゴーニュ地方原産のピノ・ノワールに特化してワインを醸造している

海外進出は、勉強&チャレンジの積み重ね

進出先として台湾を選んだ理由は、現地で青森県産のりんごの販売が好調だからです。ディストリビューターからすると、山梨のワイナリーなど少しずつ世界で評価を得てきているものもありますが「ぶどうを原料とするワインは欧州で作るもの」というイメージが強く、まだまだ認められにくい。しかし、アップルワインについては「青森県産のりんごで作った酒なんて面白いね」と興味を持っていただけ、一つの強みとしてアピールするヒントを得ました。その後、実際にパンフレットを持っていったら、自社商品の中でもぶどうで作った高級ワインの方に興味を持たれ、新しい展開に繋がりました。米国への輸出も考え、2017年にはハワイ州に現地法人を立ち上げましたが、そういった海外でのニーズの把握などの一つ一つの経験は、まず輸出してみようと思わなければできませんでした。常にチャレンジしながら勉強ですね。

ベトナムで行われた「Japan Aomori Food Fair」に参加した様子

サンマモルワイナリーの店内

日本のワインが世界で認められる時代に期待

輸出を考えているのであれば、ジェトロとの関係は密にしていた方がよいです。たくさんの情報をもらえますし、相談にも頻繁にのってくれます。おかげで私たちも安心して現地に乗り込むことができました。海外ミニ調査サービスで苗木の輸入をしてくれる企業のリサーチをしてもらったり、外国人従業員の採用支援の相談など、輸出に限らず多方面でサポートしてもらえます。アジアを中心に少しずつ海外進出を進めていますが、ワインはまだまだ欧州のもの。でも、ウィスキーは“ジャパニーズウィスキー”というブランドを確立して、今や世界で認められていますよね。そのようなことは、私が子どもの頃は想像できませんでした。ですから、ひょっとしたら“ジャパニーズワイン”も世界で認められる時代が来るかもしれません。むしろ将来が予想できないから、少しずつ歩みを進めていきたいと思っています。そういう意味では、長い戦いが始まったばかりです。

専門家からのポイント

ワインの上級資格を保有する社長の方針のもと、青森県産原料を中心に使用した、ストーリー性のある品質にこだわったワインを製造しています。支援開始以降、アジア向けバイヤーとの国内外商談会・展示会に積極的参加をお勧めました。青森りんご輸出の縁から、同社が台湾のワイン業者の目に留まり、台湾向け中高級ワインの輸出に結びつきました。日本ワインは海外での認知度がまだ高くありませんが、台湾での日本ワイン試飲会、ワインメーカーズディナーに担当者を派遣して地道なプロモーションを継続し、輸出拡大が期待されます。

ご利用いただいたジェトロのサービス

  • 新輸出大国コンソーシアム
    日本企業の海外展開を支援する全国のあらゆる支援機関が結集し、海外展開にご関心をお持ちの中堅・中小企業の皆様へワンストップの支援サービスを提供します。

有限会社サンマモルワイナリー

青森県むつ市
www.sunmamoru.com外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
代表者:北村 良久
設立年:2002年6月
従業員:16名
事業内容:ワイン醸造・販売/ぶどう栽培

2019年3月

関連情報

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。