1. サイトトップ
  2. ジェトロ活用事例
  3. シグマ株式会社:ゼロからでもリスクがあっても海外に向かうのは、そこに「未来」があるからです

シグマ株式会社

ゼロからでもリスクがあっても海外に向かうのは、そこに「未来」があるからです

高品質の成形技術を生かした部品製造を主業務に、中国に次ぎ2018年12月よりインド工場も量産開始。自動車部品のシャフトは世界で13%のシェアを誇る。また、セキュリティーやレーザー関連の自社開発商品も手がける

広島県呉市ウェブサイト外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

展開国・地域:
2007年 中国
2018年 インド
事業内容:
自動車部品の製造/セキュリティー関連商品の開発・製造・販売/レーザー式検査装置の開発・製造・販売

代表取締役 下中 利孝 氏

未来の可能性を信じて中国とインドにいち早く拠点を

私たちの海外進出はゼロからのスタートでした。海外に知り合いもいなければ、コネクションもなかったので、まずは土地探しから始めなければなりませんでした。それでも海外へと打って出たのは、弊社の主力商品である、独自の成形技術を生かした高品質の自動車部品で、アジアの市場、特に中国とインドを狙おうと考えたからです。なぜ、この2つの国だったかというと、「現地で必要なものは現地でつくる」という弊社の方針があったからです。アジアでは年間の自動車生産台数が2,800万台と1位の中国、そして日本に次いで約480万台を製造する3位のインドが大きな市場です。加えて弊社には高い技術力と企画・開発もできる強みがあります。「いち早く海外のマーケットに参入したい」と、中国の現地法人は2007年に設立、2008年に操業を開始しました。対してインドは2013年に現法設立、2017年3月に工場を立ち上げ、2018年12月から操業しています。確かに苦労はしました。ジェトロのおかげで生産にこぎつけられたと思っています。

ジェトロのサポートで現地採用した責任者・マヘンドラさんとスタッフ

土地取得から交渉までジェトロの影響力に助けられる

工場設立前に視察でインドを訪れた際、ジェトロの専門家から教えてもらった現地のビジネス事情やインフラ、日系企業の進出状況はマーケットの予測に役立ちました。インフラははっきり言って整っていません。野原が広がるばかりで道路や水道、電気も通っていません。ただどの国に進出するにしても初めは不便なのが当たり前です。逆に整っていたとしたら、そこへの海外展開は遅すぎるということにもなります。現地に住む専門家だからこそ知っている情報は、進出の強い追い風となりました。さらに土地取得から貸事務所(ジェトロ・ビジネス・サポートセンター(BSC))の手配・紹介と、6年間同じ専門家が担当してくれたのです。特に電力局との交渉では助かりました。安定した電力の供給を依頼する必要があり、何度かインド人のスタッフを連れて電力局に出向いたのですが交渉がうまくいきませんでした。そこでジェトロの専門家とともに直談判したところ、ものの30分で電力局のトップが現れ解決できたのです。ジェトロの名前がいかに影響力あるかがわかりました。

2018年12月から操業を開始したインド・タルミナドゥ州チェンナイ市の「SIGMA Forging&Forming Pvt,Ltd」

展示会への出展もジェトロの専門家がバックアップ

現地の責任者選びも成功しローカル企業からも大反響

海外での法人設立にはリクルーティングも大切です。信頼できて仕事が任せられるキーマンがいれば上手くいきます。現地の責任者を採用する時もジェトロが全面的にバックアップしてくれました。インドの文化を理解し、インド人の視点でアドバイスできる専門家がいたから、責任者にふさわしいスタッフを獲得できました。後に、その責任者がインドのあちらこちらから優秀なスタッフを集めてきてくれたのです。地域性を大切にしながら、人を中心とした組織作りに長けている彼を採用できたのは成功だったと言えます。操業を開始してからは日系企業だけでなく、ローカルの企業からも反響があり驚きました。今後は製造ラインを軌道に乗せ、工場の規模拡大を目指しています。弊社は20,000平方メートルの土地を取得してPhase1(1,500平方メートル)~Phase3(8,000平方メートル)の3期に分けた拡張を計画しています。小さく始めて大きく育てるというのが弊社の方針です。ゼロからでもリスクがあっても、私たちが海外へと出て行く道を選んだのはそこに未来があるからです。要は決断するかどうかです。大変なことも含めて、さまざまな経験がこの先のプライオリティを生むと感じています。

専門家からのポイント

成功の要因は3点あると思います。まず第一に、「インド市場は伸びる」との確信をもって主要取引先が未進出であるにもかかわらず戦略投資を決め、インド人材の採用、現地責任者の早期任命など、着々と手を打った「下中社長のリーダーシップ」。第二に、社長の強い思いを具現化した奥田副本部長を中心とした「プロジェクトチーム(PT)の実行力」。第三に、販売先の開拓、設備の設置、人材教育などでPTを支援した「社内関連部門の協力」です。主体的に行動しつつ、専門家の助言を素直に受け入れてくれたことも成功の要因と思います。

ご利用いただいたジェトロのサービス

  • 新輸出大国コンソーシアム
    日本企業の海外展開を支援する全国のあらゆる支援機関が結集し、海外展開にご関心をお持ちの中堅・中小企業の皆様へワンストップの支援サービスを提供します。

シグマ株式会社

広島県呉市
http://www.sigma-k.co.jp/外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
代表者:下中 利孝
設立年:1962年8月
従業員:180名
事業内容:自動車部品の製造/セキュリティー関連商品の開発・製造・販売/レーザー式検査装置の開発・製造・販売

2019年3月

関連情報

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。