1. サイトトップ
  2. ジェトロ活用事例
  3. ライオンパワー株式会社:ドイツ市場開拓の可能性が開ける

ライオンパワー株式会社
ドイツ市場開拓の可能性が開ける

ライオンパワーは、自社内に研究開発室を持つことを強みとし、「真に社会に必要とされる企業」を目指して、斬新な創造を最新の技術で実現し続ける。同社の製品は、電線加工機、中古のディーゼルエンジン再生装置、更には医療機器と、幅広い顧客ニーズに応え続ける。

石川県小松市 ウェブサイト外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

海外ビジネス経験
:なし
目的
:輸出
対象国・地域
:ドイツ、スイス

卓上型遠心塗抹装置「とまつくん」(左)、ライオンパワー社屋(右)

ジェトロ活用のメリット

海外ビジネスにおける文化の違い、特に契約書作成における注意点やバイヤーとの駆け引き、そして視察時の注意など国内ビジネスでは身に着ける事が難しいものをジェトロから得たことで、お客様(海外企業)も安心して接することができ、中小企業単独より、ジェトロが同席することで先方からの信頼も得やすい。

顧客の多種多様なニーズを満たす研究開発力

ライオンパワーは、1973年、“技術を楽しむ会社”として立ち上がった。強さをイメージする社名の「ライオン」と「パワー」のとおり、業種を問わず徹底して設計から製造までの一貫型生産システムにこだわり続け、顧客の多種多様なニーズを具現化してきた。
同社の強みの一つである研究開発室は、設立からわずか12年後の85年に設置、わずか1名の電気技術者の体制からスタートした。その後現在までに、30人近くの技術スタッフを擁するまでに拡大し、大きな開発テーマだった制御盤自動配線装置の開発分野においては30件以上の特許取得を取得するに至っている。同社の柔軟な研究開発力と熱意は、様々な企業の現場での「困りごと、悩みごと」を解決し、プリント基板や次世代型制御盤の設計・製造、精密機器、更には医療機器と、幅広い分野の製品開発および製造を可能にしてきた。


MEDICA


Resulab+契約時

ドイツ市場開拓の可能性が開ける

同社の海外展開のきっかけは、2012年にジェトロが開催したセミナーへの参加だった。同社の技術力を海外市場で試すべく、13年に輸出有望案件支援サービスに応募、ジェトロの専門家の個別支援のもと海外ビジネスに初挑戦することになった。
ジェトロ事業を利用して海外見本市にも積極的に参加した。14年2月には初めての海外見本市となるMD&M(医療機器関連展示会、開催地カリフォルニア)に参加、14年と15年にはMEDICA(世界最大の医療機器見本市・商談会、開催地デュッセルドルフ)に継続して出展した。
ジェトロの専門家が見本市に同行することで、輸出ビジネスの流れや契約書等の作成などの実務的な支援を受けるとともに、初めての海外ビジネスにおける細かい不安を解決した。また、人材育成にも力を入れる同社は、海外事業を初めて経験する社員を出展事業に参加させることで、海外市場開拓に向けた社内体制の整備にも取組んでいる。
15年7月に参加したドイツ医療機器ミッション派遣において、ドイツの医療機器の販売代理店に出会う。血液検査用装置が評価され、現在も商談が継続、販売代理店とは既に欧州でのライオンパワー製品の市場調査にかかる契約を締結し、市場調査を進めているところだ。


ライオンパワー(株)
代表取締役 高瀬 敬士朗 氏

海外事業を進めるにあたって、実務経験を持つ専門家からの意見は参考になった。

写真 代表取締役 高瀬 敬士朗 氏
ジェトロ
機械・部品分野専門家 柳田 敏明

高瀬社長は元J-リーガーでコーチングのノウハウから社員教育・技術開発を実践。同社製品は欧州の展示会で商談を重ね、スイスリーグ、ブンデスリーガで活躍するまでに成長している。

写真 ジェトロ 機械・部品分野専門家 柳田 敏明

ご利用いただいたジェトロのサービス

  • 展示会・商談会への参加
    海外販路開拓のきっかけとなる展示会・商談会への出展をサポートします。
  • 輸出有望案件支援サービス
    輸出戦略の策定から契約締結まで専門家がお手伝いします。優秀な製品を持っていながらこれまで輸出経験がない、あるいは輸出ビジネスを躊躇している中小企業が対象です。
  • 貿易投資相談
    本部(東京)、大阪本部、国内各地の貿易情報センターなどでは、お客様から電話、Fax、E-mailで寄せられるご相談にお答えします。
  • 海外コーディネーターによる輸出支援相談サービス
    ジェトロが海外に配置する各分野の専門家(海外コーディネーター)が、海外ビジネス展開に関するお問い合わせに、現地の感覚・目線でお答えします。

ライオンパワー株式会社

石川県小松市月津町ツ5番地
Tel:0761-44-5411
http://lionpower.co.jp外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
代表取締役社長:高瀬 敬士朗
従業員:116名 資本金:4,156万円
事業内容:各種FA・LAロボットシステム、各種計測システム、エレクトロニクス応用機器、光応用システム、磁力線応用システム、制御盤自動配線システムの開発・製造、各種ソフトウエアの開発

2016年3月

関連情報

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。