1. サイトトップ
  2. ジェトロ活用事例
  3. 倉敷化工株式会社:メキシコから北米市場を臨む

倉敷化工株式会社

メキシコから北米市場を臨む

倉敷化工株式会社

岡山県倉敷市
http://www.kuraka.co.jp/外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
自動車用ゴム部品、産業用防振・防音・緩衝機器の製造販売

<輸出、海外進出> 対象国・地域:中国、タイ、メキシコ

写真:一般産業向け防振ゴム(上)、エンジンマウント(下)

自動車部品業界の雄

倉敷化工は1964年設立の防振ゴム専門メーカー。ゴム弾性を応用した振動防止技術に強みをもち、主に自動車用ゴム部品と一般産業用の防振・除振・防音関連機器を製造する。

設計、開発から製造まで自主技術による部品供給に努め、業界で確固たる地位を築いている。「よりよい製品をより安く創り、社会の進歩に貢献する」社是のもと、コストを抑制しつつ、自社技術の高度化と高品質な製品の開発に努め、各産業界の要請に応えてきた。

同社が活用したジェトロの主なサービス・支援

セミナー・講演会参加
貿易投資相談
海外ブリーフィングサービス
新興国進出個別支援サービス(2014年3月~15年3月)

「成功事例」「失敗事例」を事前に把握

開発機能は国内の拠点に留めているが、生産機能を積極的に海外展開を進めている。取引先自動車メーカーのメキシコ進出を契機に、2012年ごろからメキシコへの生産拠点設置を本格的に模索し始めた。

既に進出していたタイや中国では、最新の制度情報の入手が困難で、予備知識不足から人材、材料、土地の確保に苦労したが、メキシコでも同様だった。現地のビジネス事情を全く知らない状態で現地調査を行ったところ、土地、原材料コストが想像以上に高く、安心して取引や相談ができる会社が少ないなど、たちまち多くの課題に直面した。

ジェトロのサービスを利用して道を切り開いた。ジェトロ岡山の貿易投資相談やセミナーで、「成功事例」や「失敗事例」などの情報収集を行い具体的な対応策をイメージした。

ジェトロ・メキシコも数回にわたり訪問した。現地のジェトロスタッフや紹介を受けた関連企業によるアドバイス、現地セミナーの参加を通じ、現地化コスト、人員採用状況など現地の最新情報を入手、日本の取引先、顧客、金融機関、商社といったネットワークもつかって人脈を広げ情報を集めた。

14年3月からは新興国進出個別支援企業に採択され、専門家の知識や人脈を活用し、同年7月、メキシコで海外4カ所目となる工場を設置し、現地生産に漕ぎ着けた。


メキシコ大使館参事官が倉敷化工を訪問

メキシコから北米市場を臨む

メキシコ進出においては、国内外のジェトロを活用して現地の最新情報を入手できたことが、工場の円滑な始動を大きく後押しした。特に、相談を通じて知った投資インセンティブ制度を利用して、土地取得税の一部免除を得たことが投資コストの引き下げに寄与した。更に、失敗や成功などのケーススタディを通じて、フェーズごとの対応策を事前に知りえたことは、将来的なコスト削減やリスクヘッジにつながっているという。

メキシコの生産拠点は、北米市場をターゲットに見据える。工場には、生産機能だけでなく、製品評価にも対応できるよう設備投資を進めている。メキシコの法律や制度は変更されることが多く、今後もジェトロを通じて現地の情報を入手し、投資コストを抑えながら質の高い製品の量産化を目指すとしている。

今後も、国内取引先メーカーの動向を見極めつつ、進出形態や進出地域を検討しながらさらなる海外進出を図っていくという。


面談

グローバルに通用し従業員が働く喜びを
代表取締役社長 岡田 学 氏

エクセレントカンパニーを目指し、グローバルに通用し、従業員が働く喜びにあふれる企業でありたい。

ご利用いただいたジェトロのサービス

倉敷化工株式会社

岡山県倉敷市連島町矢柄四の町4630
Tel:086-465-1111
http://www.kuraka.co.jp/外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
従業員:770名 資本金:3億960万円

2015年3月

関連情報

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。