株式会社伊勢萬

適切な販売代理店を選定し海外市場へ

photo

株式会社伊勢萬

三重県伊勢市
http://www.iseman.co.jp/外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
地酒・地焼酎の製造販売

<輸出> 対象国・地域:香港、韓国、マレーシア、シンガポール、ベトナム、台湾、フィリピン、マカオ

写真:麦光年・熟成光年・ステラハーフムーン

自然豊かな伊勢の地で生まれるこだわりの酒

伊勢萬は、豊かな自然に囲まれた伊勢の地で、伊勢神宮の神域を流れる清流、五十鈴川や国土交通省から日本一の清流に選ばれた宮川の伏流水を使い、焼酎や清酒、リキュールを製造している。

日本古来の香りを思わせる柚子や梅の果汁をふんだんに使用したリキュール「ステラハーフムーン」、時間をかけて磨き上げた米を使用した清酒「おかげさま」、樽の香りと麦の香りを丁寧に引き立てた焼酎「熟成光年」など、小さな酒蔵の中で職人が一本一本丁寧に作り上げている。それぞれのお酒の味わいをイメージした、おしゃれでオリジナリティのあるデザインを施した瓶も売りの1つだ。

同社が活用したジェトロの主なサービス・支援

貿易投資相談
見本市・展示会への出展支援:FOOD WEEK、SIAL ASEAN、FOOD TAIPEI
商談会参加:日本産農水産物・食品輸出商談会 in ベトナム、商談会 in バンコク

適切な販売代理店を選定し海外市場へ

近年、国内市場の縮小が明らかになってきたことから、同社は海外販路開拓への挑戦を決意、2012年9月にジェトロ三重に相談し、取り組みを開始しました。ターゲット市場はアジアを中心とし、アセアン、台湾、香港、韓国に定め、ジェトロに相談することで、各国・地域の情報をタイムリーに入手することができた。

そのうえで信頼できるパートナー(販売代理店)発掘のため、ジェトロが出展支援をしている、アジアで開催される国際展示会や商談会に参加した。より多くの代理店候補と商談しつつ、効率よく有望な代理店を選定するうえで、ジェトロのアドバイスは有効だった。商品の見せ方や説明方法を工夫することで多くの代理店を惹きつけることに成功する一方、ジェトロの事前マッチングも活用し、短い会期の中で選定を効率よく進めました。原則として1国・地域に1社ずつ販売代理店を決めたあとは、現地の展示会に当該代理店と共同出展、現地市場における販路拡大と認知度の向上を図っている。

また、輸出に際し、貿易方式は極力仲介商社を使わない直接貿易にこだわった。商社に実務手続きを任せる間接貿易の方が効率的だが、直接貿易にこだわるその理由は、商品の最終価格を10%程度安価にできること、消費者の笑顔を見ることができることだ。そのため、社内に貿易実務に対応できるチームを作り、英語が堪能な人材を採用し、体制を整備した。

photo

FOOD TAIPEI 2014

輸出の実現で、輸出事業拡大の機運も高まる

迅速な取り組みにより、輸出に向けて動き始めてから約半年で、リキュール「ステラハーフムーン」と焼酎「熟成光年」を中心に3度の輸出に成功した。その後、香港、韓国、マレーシアをはじめとするアジア地域の計8カ国・地域へと輸出は拡大、現在も各国・地域との取引は継続している。輸出金額も毎年速いペースで伸びている。当初、輸出事業は費用対効果がよくないとの社内の反対意見もあったが、実際に輸出が実現したことで輸出事業に対する社内の理解が深まり、事業拡大に向けた機運もさらに高まった。誠実で丁寧な商品を作り上げていく企業姿勢を貫きつつ、アジア以外の市場も視野に入れ始めている。

photo

取引先の拡大で、輸出事業を柱の1つに
専務取締役 中山 育之 氏

若いスタッフを中心にチャレンジしている。アジア市場に限らず輸出先を拡大し、将来的に輸出が総売上に占める割合を10%以上としたいと考えている。

写真:海外初出荷を喜ぶスタッフ一同

ご利用いただいたジェトロのサービス

  • 展示会・商談会への参加
    海外販路開拓のきっかけとなる展示会・商談会への出展をサポートします。
  • 貿易投資相談
    本部(東京)、大阪本部、国内各地の貿易情報センターなどでは、お客様から電話、Fax、E-mailで寄せられるご相談にお答えします。

株式会社伊勢萬

三重県伊勢市小俣町明野576番地13
Tel:0596-37-4195
http://www.iseman.co.jp/外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
従業員:50名 資本金:6,180万円

2015年3月

関連情報

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。