ハイテク技術見本市「CES 2023」、米ラスベガスで開催、世界中から3,200社以上が出展

(米国、日本)

サンフランシスコ発

2023年01月10日

ハイテク技術見本市「CES 2023」が158日、米国ラスベガスで開催された(注1)。CESはテクノロジーを切り口に、仮想現実・拡張現実、食品・アグテック、スマートホーム、デジタルヘルス、ロボティクス、自動車技術・先進モビリティーなど、多数の分野に分かれ、主催者の発表によると、世界中から3,200社以上の企業が出展した。新型コロナ禍前に開催されたCES 2019には4,400社以上が出展していたことから、新型コロナ禍前に比べると、出展企業数は少なかった。

写真 会場へ向かう出展者と参加者(ジェトロ撮影)

会場へ向かう出展者と参加者(ジェトロ撮影)

CESを主催する全米家電協会(CTA)が優れたデザインとエンジニアリングを備えた製品を表彰する「CESイノベーション・アワード」の受賞企業(注2)に話を聞いたところ、「アワードを受賞したことで、問い合わせが増えた」という効果を語っていた。別の受賞企業は「アワードを受賞したことがはっきりわかるよう、ブースに大きく表示している」と、展示上の工夫を述べていた。中でも、野菜や果物の熟度をチェックするスキャナー(OneThird、本社:オランダ)や、バーチャル環境で振動などのさまざまな生命感を体感できるベスト(Actronika、本社:フランス)、カーテン、照明、エアコン、音楽などさまざまなホームデバイスをコントロールできるデスクトップコントローラー(HANGZHOU LIFESMART TECHNOLOGY、本社:中国)などのイノベーティブな製品・サービスが来場者の注目を集めていた。

写真 野菜や果物の熟度をチェックするOneThird製のスキャナー(ジェトロ撮影)

野菜や果物の熟度をチェックするOneThird製のスキャナー(ジェトロ撮影)

写真 バーチャル環境で振動などの生命感を体感できるActronika製のベスト(ジェトロ撮影)

バーチャル環境で振動などの生命感を体感できるActronika製のベスト(ジェトロ撮影)

写真 カーテン、照明、エアコン、音楽などさまざまなホームデバイスをコントロールできるHANGZHOU LIFESMART TECHNOLOGY製のデスクトップコントローラー(ジェトロ撮影)

カーテン、照明、エアコン、音楽などさまざまなホームデバイスをコントロールできるHANGZHOU LIFESMART TECHNOLOGY製のデスクトップコントローラー(ジェトロ撮影)

韓国や台湾、フランス、オランダ、カナダ、シンガポール、インドなど各国・地域のパビリオンも設置され、その中に企業がブースを構えていた。韓国パビリオンは複数のエリアに設置され、100社以上の韓国企業が出展していた。ジェトロも、スタートアップ企業が集まる「エウレカパーク」内にジャパンパビリオンを設置。日本企業36社が出展した。参加企業からは「CESに初めて参加するが、商談につながる多数のブース訪問があった。2日目以降も頑張りたい」といった意気込みが聞かれた。

写真 ジャパンパビリオンの様子(ジェトロ撮影)

ジャパンパビリオンの様子(ジェトロ撮影)

主催者の発表によると、CES 2023には174カ国・地域から来場登録があった。そのうち35%が米国外からとされる。また、60%は経営者、経営幹部、管理職などの上級レベルという。

(注1)新型コロナウイルス感染拡大の影響で、CES 2021はオンライン、CES 2022はハイブリッド形式で開催された。

(注2)CESイノベーション・アワードを受賞した企業はこちらのページ外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますで確認可能。

(石橋裕貴)

(米国、日本)

ビジネス短信 492e7e7586177c65

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp