自動車販売が好調、EVは昨年の販売数超え

(インドネシア)

ジャカルタ発

2022年09月15日

インドネシア自動車製造業者協会(ガイキンド)は913日、8月の国内自動車統計を発表した。8月の販売台数(卸売り)は96,956台で、前年同月比で約16%増となった(添付資料表参照)。202218月の販売台数合計は658,232台で、前年同期比では約21%増加だった。

販売台数をブランド別にみると、首位はトヨタの3844台(前月比約5%増)で、18月の累積販売台数に占めるシェアは約32%だった。ダイハツは15,339台(約4%減)、ホンダは11,427台(約19%増)、三菱自動車は9,700台(約21%増)、スズキは8,064台(約8%増)となっている。

8月の自動車生産台数は139,120台(前年比約37%増)、完成車の輸出台数は43,710台(前年比約2.3倍)だった。

8月の自動車販売を後押ししたのが、首都ジャカルタ近郊で811日から21日まで開催された自動車展示販売会「ガイキンド・インドネシア国際オートショー(GIIAS)」だ(2022年8月19日記事参照)。GIIAS来訪者は約385,000人、成約額は117,400億ルピア(約1,127億円、1ルピア=約0.0096円)に上る。ガイキンドのヨンキー・スギアルト副会長は「自動車の販売状況は改善されつつあり、新型コロナ禍以前のレベルに近づいている」とした上で、2022年の自動車販売台数目標は年初から変わらず、90万台とした(「コンタン」911日)。

バッテリー電気自動車(BEV)やハイブリッド車を含む電気自動車(EV)の18月の販売台数は3,297台となっており、2021年の販売台数(3,193台)を既に上回っている状況だ。GIIASでは、中国大手メーカーの上汽通用五菱汽車(ウーリン)のEVAir ev」(注1)が展示された。同車は8月の1カ月間のみで821台が販売されている。また、韓国の現代自動車は当地で「Ioniq 5」(注2)の生産を2022年から開始したが、18月の累計販売台数は686台となっている。

(注1)「Air ev Standard Range」と「Air ev Long Range」の2タイプ。

(注2)「Ioniq 5 Prime Regular」や「Ioniq 5 Signature Regular」など5タイプ。

(上野渉)

(インドネシア)

ビジネス短信 87bfa772e00567ae

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp