9月29日から日本からのビザなし入境が可能に、10月13日からは3日間の隔離撤廃を予定

(台湾)

中国北アジア課

2022年09月26日

台湾の中央流行感染症指揮センター(CDC)は9月22日、9月29日午前0時から1週間の入境上限者数を現行の5万人から6万人に引き上げる外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますと発表した。併せて、日本などからの入境時のビザ免除措置も再開する(対象国および適用免除期間は外交部ウェブサイト参照外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)。

CDCは、9月29日以降も3日間の在宅検疫(隔離検疫)および4日間の自主防疫は維持するとした一方、入境規制緩和後の感染状況次第では、10月13日から3日間の在宅検疫を撤廃し、7日間の自主防疫へと変更する計画外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますがあるとした。

入境および防疫関連措置緩和の詳細は以下のとおり。

(1)9月29日午前0時以降

  1. 1週間の入境上限者数を6万人に引き上げ、入境時のビザ免除措置を再開。
  2. 空港および港での入境時のPCR検査は廃止。2歳以上の旅客に対しては、入境時に4回分の抗原検査キットを配布、在宅検疫および自主防疫期間中に検査を行う。
  3. 3日間の在宅検疫を行う場所について、「1人1戸」(住宅1戸に1人もしくは防疫ホテル)から「1人1室」(同室に独立したトイレや浴室を有する自宅または友人・親族宅もしくは防疫ホテル)に緩和する。

(2)10月13日以降(感染状況に応じて開始日変更の可能性あり)

  1. 1週間の入境上限者数を15万人に引き上げ。
  2. 3日間の在宅検疫を廃止し、7日間の自主防疫に変更。自主防疫期間中の外出には、2日以内に行った抗原検査の結果が陰性であることが必要。自主防疫期間中の滞在場所は、「1人1室」を原則とする。
  3. 入境旅客は症状がなければ公共共通機関の利用が可能。
  4. 入境時のビザ免除措置対象外の国からの入境について、一般性社会訪問および観光ビザの申請受け付けを開始。
  5. 海外から台湾および、台湾から海外への団体旅行を解禁する。

(江田真由美)

(台湾)

ビジネス短信 659616a68c5fd820

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp