ドイツの国際家電見本市「IFA2022」、3年ぶりにリアル開催

(ドイツ、日本、韓国、中国)

ベルリン発

2022年09月16日

ドイツの国際コンシューマー・エレクトロニクス展(IFA)が926日、ベルリンで3年ぶりにリアル開催された。出展企業数は46カ国から1,100社以上、入場者数161,000人超で、いずれも前回2019年開催時(出展企業数1,930社、入場者数238,700人)を下回ったものの、トレードビジターが全参加者に占める割合は新型コロナウイルス禍の前を上回り、展示面積は2022年最大のテックイベントの1つに数えられる規模だった。

今回の技術のトレンドは、コネクティビティー、サステナビリティー、スマートリビングだったが、中でもパナソニック(出展は現地子会社)は新製品の紹介にとどまらず、グループの環境行動計画「GREEN IMPACT PLAN」に沿って実施している「カーボンニュートラル」「サーキュラーエコノミー」を柱にした環境問題への取り組みを紹介するコーナーを5,000平方メートルある展示ホールの中央に設置した。同時に、前回の出展ブースからはコンセプトやデザインを変更したことで、二酸化炭素排出量(カーボンフットプリントベース)を前回から71%削減することも実現した。

写真 パナソニックのブースを視察するフランツィスカ・ギファイ・ベルリン市長(© Messe Berlin GmbH)

パナソニックのブースを視察するフランツィスカ・ギファイ・ベルリン市長(© Messe Berlin GmbH)

日本から唯一、直接出展した神奈川県の中小企業「クリエイティブテクノロジー」は、静電吸着力を応用したモバイル型空気清浄機や、モバイル靴除菌器をはじめとしたさまざまな製品を紹介した。現在開発中の世界初のドローン型エアクリーナーはIFA NEXT(注)で実演され入場者の関心を誘った。

写真 ドローン型エアクリーナーを紹介するクリエイティブテクノロジーのトーマス・グエン氏(© Messe Berlin GmbH)

ドローン型エアクリーナーを紹介するクリエイティブテクノロジーのトーマス・グエン氏(© Messe Berlin GmbH)

全体として、サムスン電子やLGエレクトロニクスといった大企業から、IFA NEXTに集ったスタートアップ企業に至るまで、韓国企業の存在が際立った。160社に上る韓国企業が出展し、前回と比較してもおよそ倍となり(「コリア・ヘラルド」紙91日)。出展を控える企業が多かった日本とは対照的だった。

中国企業については、B2Bのビジネスの場として欧州最大のソーシングマーケットのIFA Global Marketsに出展した関係者から「新型コロナウイルス感染拡大の影響により本国からの出張者はほとんどおらず、ブース対応は主に欧州在住者が行っている」という声は聞かれたものの、小型のブースを中心に173社の出展が確認できた。

写真 IFA NEXT会場にあった韓国・中小ベンチャー企業部、中小企業中央会(KBIZ)、韓国電子情報通信産業振興会(KEA)のブースに出展する韓国系スタートアップ企業(© Messe Berlin GmbH)

IFA NEXT会場にあった韓国・中小ベンチャー企業部、中小企業中央会(KBIZ)、韓国電子情報通信産業振興会(KEA)のブースに出展する韓国系スタートアップ企業(© Messe Berlin GmbH)

次回のIFA2023915日に開催予定。

(注)IFA NEXT外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますは、IFAの中に2017年に新たに創設された次世代イノベーションを提案する総合的な技術展示会。世界各国のスタートアップや大学、研究開発機関、大手テック企業が出展する。

(和爾俊樹、矢島佳子)

(ドイツ、日本、韓国、中国)

ビジネス短信 5b7ebea0f91e56ef

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp