中銀、新規の暗号資産サービス業者(VASP)のライセンス付与停止

(フィリピン)

マニラ発

2022年08月23日

フィリピン中央銀行(BSP)は812日、新規での暗号資産サービス業者(VASP)のライセンス付与を3年間停止すると発表した。831日までにVASPライセンスの申請を適切に完了している者は、暗号資産交換業者として要件を満たしているかについて、審査プロセスに進むことができる。91日以降は新規のライセンス申請を受け付けない。

ただし、適切なリスク管理を実施できるなどの要件を満たす、既存のBSP監督下の金融機関(BSFIs)に対してのみ、VASPのライセンス申請を行うことができる可能性を残すこととした。

BSPのフェリーペ・メダーリャ総裁は今回の措置について「近年の暗号資産市場の急速な発展により、BSPは既存のVASPのパフォーマンス評価やリスク管理に集中をしていくアプローチに転換していくこととなった」と発言し、暗号資産市場についてモニタリングを強化していく姿勢を明らかにした。

(吉田暁彦、サントス・ガブリエル)

(フィリピン)

ビジネス短信 b28a6a003e099437

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp