EV関連エネルギー企業の英グリッドサーブ、2億ポンド調達

(英国、日本、米国)

ロンドン発

2022年08月18日

英国エネルギー企業のグリッドサーブは88日、英大手投資企業MGのインフラ投資部門のインフラキャピタルから2億ポンド(約326億円、1ポンド=約163円)の資金調達を発表外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますした。同社は今回の資金調達によって、クリーンなエネルギーを活用した電気自動車(EV)充電網の拡大を加速するほか、リースを通じ人々のEV利用を促進するとしている。

同社は2025年までに少なくとも5,000の高出力充電器を同社のEV専用サービスステーション「エレクトリックフォアコート」などに設置する予定。エレクトリックフォアコートは東部ノリッジとエセックスのブレーンツリーにオープンしており、今後ガトウィック空港にもオープンする予定だ。グリッドサーブは20193月、2025年までに英国にエレクトリックフォアコートを100カ所開設予定だと発表していた(2019330日付electrive.com)。同社はまた、資金調達によってハイブリッド太陽光発電所による発電、全国充電ネットワークによるエネルギー供給、最新EVのリースによるEVの普及を加速させるとしている。

グリッドサーブは、最先端の太陽光発電と蓄電池、EV充電インフラ、EVリースプラットフォームなどのエコシステムを構築。ネットゼロのエネルギーを英国の高速道路サービスエリアの85%をカバーする同社の公共充電網などに供給、毎月10万台以上のEVを充電している。

グリッドサーブへは日立キャピタル(現・三菱HCキャピタル)が2020年12月に1,000万ポンド規模の出資PDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)を行っている。また、米国の資産運用企業TPGのインパクト投資プラットフォームからも支援外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますが行われている。

EV充電検索アプリザップマップを利用したイングランドの公共充電施設ごとの充電回数調査外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます812日付、期間:2022年第2四半期(46月)〕によると、上位5カ所のうち3カ所がグリッドサーブの施設となっている。

(島村英莉)

(英国、日本、米国)

ビジネス短信 7aa7c6eedfdf9f60

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp