全土でPCR検査結果の相互認証を推進、省・市またぐ移動の利便性向上へ

(中国)

広州発

2022年08月04日

中国国務院は729日、「新型コロナウイルスPCR検査結果の全国相互認証のさらなる推進に関する通知」(聯防聯控機制総発[2022]81号)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますを発表した。これまで省や市をまたぐ移動では、出発地で受けたPCR検査の結果が到着地で無効とされ、到着地であらためてPCR検査を受けることが求められるケースがあった。今回の通知は、国内のPCR検査結果の相互認証を進め、移動の利便性向上を図ることを目的としている。主な内容は以下のとおり。

  • 各地域の健康コードのほか、スマートフォンの各種アプリケーション、検査機関のウェブサイト上などで提示される、または紙面によるPCR検査の結果は、各地域の防疫政策によって定めた有効時間内である限り、全て同等に効力を有するものとして扱う。各地域で健康コードなどを確認する際には、これら全てを認めるべき。
  • 到着先でPCR検査を受けていないことなどを理由に、通行や公共の場への入場、公共交通機関の利用を拒絶してはならない。
  • (出発地で受けているにもかかわらず)重複して到着先でPCR検査を受けることを要求してはならない。
  • 同通知の内容について速やかに実行に移すよう各地域に求める。国務院新型コロナウイルス防疫メカニズム総合チームは関連部門とともに監督、指導を強化する。通知発表後に依然としてPCR検査結果の相互認証を認めず、悪影響を及ぼしている地域について通報する。

また、81日付の「央視網」の報道によると、幾つかの地域の健康コードでは、他省でのPCR検査結果も検索可能となるなど、地域間の相互認証を進める事例がみられる。例えば、上海市の健康コードでは江蘇省や浙江省、安徽省のPCR検査結果、広東省の健康コードでは隣の湖南省のPCR検査結果がそれぞれ検索可能となった。

画像 広東省の健康コードのトップ画面では省内のPCR検査結果が表示される(ジェトロ撮影)

広東省の健康コードのトップ画面では省内のPCR検査結果が表示される(ジェトロ撮影)

画像 広東省の健康コードで隣の湖南省でのPCR検索結果を調べることが可能となった(ジェトロ撮影)

広東省の健康コードで隣の湖南省でのPCR検索結果を調べることが可能となった(ジェトロ撮影)

(朱冬青)

(中国)

ビジネス短信 1770dfe8052a1633

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp