世界最大の非代替性トークン(NFT)イベント、米ニューヨークで開催、約1万2,000人参加

(米国、日本)

スタートアップ支援課

2022年07月14日

世界最大の非代替性トークン(NFT)のイベント「NFT.NYC」が62023日に米国ニューヨークで開催された。

60カ国以上から約12,000人が参加するなど、高い関心が示された。初開催だった2019年の来場者数262人から大きな伸びとなった。調査会社ノンファンジブル・ドットコムの報告書によると、2021年のNFT市場の合計取引額は前年の8,200万ドルから約215倍の176億ドルとなり、市場規模が大きく拡大した。こうしたことからも、NFTに高い関心が集まっていることがうかがえる。

今回のイベントでは、入場パスの暗号資産での購入が可能となったほか、展示企業が来場者にNFTを無料で配布、それによるNFTを使ったプロモーションが目立っていた。また、業界の著名人による講演やNFTを取り扱う企業によるプロダクト展示、参加者同士の交流ラウンジでのネットワーキングなども行われた。

特に多く見受けられたのは、アートやゲームを取り扱うスタートアップだ。ブロックチェーン技術を用いたゲーム開発を行う日本発のスタートアップのダブルジャンプトーキョーは2021年のイベントにも参加し、その際に交流したジャンプ・クリプトやプロトコル・ラボ、サークル・ベンチャーズから2022年に資金を調達した。ダブルジャンプトーキョーはNFT・ブロックチェーン業界でネットワーキングを図り、海外事業の拡大を目指している。

写真 展示ブースの様子(ジェトロ撮影)

展示ブースの様子(ジェトロ撮影)

(椎名エバレット達弘)

(米国、日本)

ビジネス短信 b7b0cd507db4df91

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp