RCEP協定、2023年1月1日からHS2022に基づく運用開始

(ASEAN、日本、中国、韓国、オーストラリア、ニュージーランド)

中国北アジア課

2022年07月07日

日本の外務省は71日、前日の630日に開催された地域的な包括的経済連携(RCEP)合同委員会で「2022年版の統一システム(HS2022)により置き換えた品目別規則(PSR)」が採択されたと発表した。運用は202311日から開始される。

これに伴い、202311日から、RCEP協定の利用に際して運用する HSコードは2012年版から2022年版に変更される。同協定に基づく原産地証明書や原産地申告は、HS2022により置き換えたPSRに従って記載することが求められる。詳細は外務省ウェブサイト外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます日本商工議所ウェブサイトPDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)から確認できる。

日本商工会議所によると、2022年中に発行された原産地証明については、HSコードの変更が原産性判定に影響を与えないことを各産品の判定申請者自身が確認しているとの前提で、20231月以降も継続して利用できるとしている。

(片小田廣大)

(ASEAN、日本、中国、韓国、オーストラリア、ニュージーランド)

ビジネス短信 9433a13179ba77cb

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp