イシュワルディ輸出加工区への投資可能性、EPZ関係者に聞く

(バングラデシュ、日本)

ダッカ発

2022年07月08日

バングラデシュでは、全国に8カ所の輸出加工区(EPZ)が設置されており、ダッカ、チョットグラム、アダムジー、クミッラを中心に日系企業が入居している。その他にも、ダッカから西へ約200キロ、車で約6時間のパブナ県に立地するイシュワルディEPZでも、日系企業3社が操業している。今回、イシュワルディEPZのアブドゥッラー・アル・マハブブ・エグゼクティブディレクターに同EPZの投資機会についてインタビューした(623日)。

(問)イシュワルディEPZの概要は。

(答)EPZの総面積は300エーカー(約1.2平方キロ)で、工場用として324プロットある(1プロットは2,000平方メートル)。現在、22社が操業しており、内訳はタイプA100%外資)が10社、タイプB(合弁)は2社、タイプC100%ローカル)は10社だ。同EPZのみで約16,000人の雇用を創出しており、うち74%が女性、26%が男性だ。日系企業は3社(マツオカ、東和、ナカノ)が操業しており、同EPZの輸出拡大、雇用創出に大きく貢献している。

写真 イシュワルディEPZの正面ゲート(ジェトロ撮影)

イシュワルディEPZの正面ゲート(ジェトロ撮影)

(問)同EPZへの投資機会は。

(答)現在投資可能な敷地は23プロットあり、日系企業からの投資を歓迎したい。このEPZでは、投資インセンティブを用意しており、法人税について操業13年目は100%免税、46年目は50%減税、7年目は25%減税となる。ダッカ、チョットグラム、カルナフリ、クミッラ、アダムジーの各EPZに対する投資インセンティブは最大5年までの法人税減免(12年目は100%免税、34年目50%減税、5年目25%減税)のため、イシュワルディEPZへの投資の判断材料としてほしい。

(問)今後の展望は。

(答)イシュワルディEPZにはパドマ河が面しており、将来的にモングラ港との間で河川輸送を活用できる可能性がある。また、同EPZの近くにルップール原子力発電所を建設している。河川輸送用の桟橋を建設する計画もある。加えて、日本政府による支援でジョムナ鉄道橋を建設中で、設置後は鉄道輸送も活用できるだろう。イシュワルディEPZを製造輸出拠点として活用して欲しい。

写真 マハブブ・エグゼクティブディレクター(ジェトロ撮影)

マハブブ・エグゼクティブディレクター(ジェトロ撮影)

(安藤裕二)

(バングラデシュ、日本)

ビジネス短信 6016191db2a5753b

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp