ジョージアで初のサル痘感染症例を確認

(ジョージア、ロシア)

欧州ロシアCIS課

2022年06月20日

黒海とカスピ海に挟まれたコーカサス地域に位置するジョージアの国立疾病・公衆衛生管理センターは6月15日、国内初となるサル痘ウイルス感染症例を確認したと発表した。

患者には欧州への渡航歴があった。症状は軽度で、治療を受けて既に退院しているという。同センターは患者と接触した人についてもモニタリングを行ったが、症状は見られなかった。

ジョージアの隣国ロシアでは、サル痘ウイルス感染症例は確認されていない。連邦消費者保護・福利監督局(ロスポトレブナドゾル)はロシアでの感染拡大の可能性は低いとしている。また、サル痘ウイルスの自然宿主となり得るげっ歯類(注)などとの接触を避けるよう国民に呼びかけている(「イズベスチヤ」紙6月15日)。

世界保健機関(WHO)は6月10日、サル痘ウイルスを風土病としない28カ国で1,285件の感染症例が確認されていると発表している(6月10日付プレスリリース外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)。

(注)ネズミ、リス、ヤマアラシなどを代表とする動物群を指す

(宮下恵輔)

(ジョージア、ロシア)

ビジネス短信 95d4eff9ed31c218

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp