英国・国際通商相、グリーン貿易の重要性を強調

(英国、ロシア、ウクライナ)

ロンドン発

2022年05月25日

英国のアン・マリー・トレビリアン国際通商相は5月18日、ブルームバーグで演説外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます、英国の経済成長、ネットゼロの達成、将来の繁栄の推進にとってのグリーン貿易の重要性を示した。同相はロシアによるウクライナ侵攻にも言及し、ロシア産原油・ガスへの依存から脱却し、国際社会全体で再生可能エネルギーへの移行を加速させるべきとした。

政府の同日付発表外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますによれば同国のグリーン経済は、2030年まで毎年11%の成長率が予測されている。また、2050年までには、低炭素製品・サービス部門で現状の6倍増にあたる120万人以上の雇用が創出されるとしている。

トレビリアン国際通商相は「低炭素関連輸出の国際市場は急速に成長し、2030年には約2兆ポンド(約320兆円、1ポンド=約160円)規模になると予測されている」とした。さらに、自由貿易と低炭素経済への移行の関係性を強調し、グリーン産業基盤の構築、グリーン輸出の促進、グリーン貿易の自由化、通商政策と環境政策の整合性の向上の4つをグリーン貿易の主要原則として挙げた。

また、同相は、企業と国際投資家がネットゼロへの移行によって生まれる商機を生かすため、今秋に英国北東部でビジネス・エネルギー・産業戦略省と「グリーン貿易・投資博覧会」を共催予定であることを発表した。

グリーン成長に向け企業に融資保証を提供

トレビリアン国際通商相は同日、輸出信用保証局(UKEF)が電力の電子検査・測定器メーカーのメガーに対し、1億3,800万ポンドの融資保証を提供することを発表。同社のドーバー工場建設を支援する。建設業者のメイスに対しても輸出事業拡大のため、5,000万ポンドの融資保証を提供するとした。同社のネットゼロとグリーン成長への移行を促すため、持続可能性に関する目標を盛り込む。これにより同社は、環境に配慮したインフラプロジェクトを継続的に支援し、新たなグリーン雇用を創出することができるとしている。

(オステンドルフ・七海・ありさ)

(英国、ロシア、ウクライナ)

ビジネス短信 dfbecfd9e8c560e3

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp