タイ政府、日ASEAN包括的経済連携の品目別規則、HS2017にアップデートへ

(タイ、日本、ASEAN)

バンコク発

2022年05月30日

タイ政府は5月24日、日ASEAN包括的経済連携(AJCEP)協定の付属書2(品目別規則:PSR)にかかる改正を閣議決定した。AJCEP協定のPSRは、現行では関税分類番号(HSコード)が2002年版(HS2002)に基づいて記載されているが、この改正により、2017年版(HS2017)に基づく記載にアップデートされる。

今回の閣議決定により、タイ商務省に対して第20回AJCEP合同委員会での改正案の採択に参加する権限が付与される。加えて、改正後の付属書2に基づく運用を可能とするため、タイ政府は関連機関に国内規則の改正を進めるよう対応を求める。

第20回AJCEP合同委員会は2022年第2四半期(4~6月)に開催され、AJCEP協定付属書2を採択し、発効日を設定する予定となっている。

タイと日本の間では、2022年1月から改正された日タイ経済連携協定(JTEPA)の運用が開始されており、JTEPA付属書2のPSRはHS2002からHS2017にアップデートされている(2021年7月9日記事参照)。同じく2022年1月に発効した地域的な包括的経済連携(RCEP)協定については、HS2012年版が採用されている。今回、AJCEP協定もアップデートされれば、日本とタイの間で締結されている3つのFTAについては、比較的新しい版のHSコードで利用ができるようになる。

(北見創、シリンポーン・パックピンペット)

(タイ、日本、ASEAN)

ビジネス短信 c5a233e44a0e4366

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp