タイの入国手続き、入国時のPCR検査が不要になるなど簡素化に

(タイ)

バンコク発

2022年05月11日

5月1日時点の情報に基づき、ジェトロが整理したところ、タイへの隔離無し入国について、これまでは、新型コロナウイルスワクチン接種済みの者(注1)に対しては、ワクチン接種証明書、入国時のPCR検査、1泊分以上のホテル宿泊支払証明書、新型コロナウイルス感染症治療費などを含む2万ドル以上を保証する医療保険証明書の提示などを条件に認められていた。この点、2022年5月1日以降、入国時のPCR検査(注2)および1泊以上のホテル宿泊支払証明書などが不要となり、医療保険の最低保証金額も2万ドルから1万ドルに減額されるなど、入国手続きが簡素化されることが分かった。

5月1日以降、ワクチン接種完了者におけるタイの入国手続きは以下のとおり。

1.入国前に準備すべき書類・手続きなど

以下の書類を準備し、入国申請システム「タイランド・パス」を通じて申請する。

(1)国の公的機関や地方自治体により発行されたワクチン接種証明書

(2)新型コロナウイルスの治療費などを含む1万ドル以上を保証する医療保険証明書(英文)

(3)パスポート

うち、(2)については、年齢にかかわらず加入することが求められており、12歳未満の者でも保険の加入が必要となる。また、日系航空会社によると、日本の空港でのチェックイン手続きの際に、タイランド・パス経由で発行されたQRコードを確認しており留意が必要。

2.入国手続きの手順

タイ着陸後、旅客ターミナルへ移動し、同QRコードを国際伝染病管理チェックポイントの係員に提示する。その後、イミグレーションにて入国が許可されると、タイ国内どこへでも移動が可能。5月以前に義務付けられていたタイ到着時のPCR検査および入国後5日目の抗原検査キット(ATK)による検査も不要。

3.入国後の必要手続き・行動制限

タイ入国後の行動制限などは特にない。ただし、タイ観光庁などは、ATKなどを使用した自主検査を推奨している。自主検査で陽性が疑われる場合、新型コロナウイルスへの感染が疑われる場合などは、速やかに医療機関にて検査を実施する。

(注1)タイでは新型コロナワクチンの種類ごとに接種回数が規定されており、規定を満たすとワクチン接種済みとみなされる。18歳以上の者は、少なくとも入国14日前までに規定回数を満たすワクチン接種を完了している必要がある。ただし、5歳から17歳の者は、少なくとも入国14日前までに1回以上ワクチンを接種していれば、単独での入国が可能。ワクチン未接種の場合でも、ワクチン接種を完了した両親などの同行者がいれば入国できる。なお、感染履歴のある者については治癒後少なくとも1回以上のワクチン接種が求められ、医師からの治癒証明書が求められる。

(注2)2022年4月1日より、渡航前72時間以内に発行されたPCR検査による陰性証明書が不要となった。ただし、航空会社によってはPCR検査要件が異なる場合があるため、利用する航空会社に問い合わせることを推奨。

(岡本泰、ナオルンロート・ジラッパパー)

(タイ)

ビジネス短信 5ab2c4446b5ccd94

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp